« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

昨日のTシャツくん

"クリムゾン・キングの宮殿"(<-キング・クリムゾンの)のジャケプリントのTシャツを着た青年を見かけてしまった。
...大胆である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"キューティハニー"

まる~で期待せずに見たんですが... 思った以上でした。
このトホホ具合はすっごいなぁ。

頭の海ホタル?で暴れてる所のテンションが続けば良かったのにね。
ハニメーションなる人間コマ撮り部分とか部分的には面白い所もあるけど、全体的なイメージはだるだる。
ついでにハニーのコスチュームの肌色の部分にげっそり。なんか年寄りクサイのよね、あの肌色の布。なんで素肌出さんのよ?

倖田來未のタイトル曲のビデオクリップで十分かも?と思ってしまった所が恐い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"ベッカムに恋して"

タイトルで損してる映画。
ベッカムに恋している人物も出てくるけど、主人公じゃないし。

人種問題も絡めた青春映画。
見終わった印象はやたらさわやか~
出てくる人たちは根本的にはいい人ばっかりだし、なんだかみんな丸く収まって良かったね~ って感じ。

で、主人公の足にヤケドがあることや父親の話なんかできちっと移民第一世代の苦労話も盛り込みながら、親子間のギャップや親が子供を思う気持ちは民族問わずだな~と思わせてみたり、うまく出来てます。
"移民"でも民族によって差別の度合いが違うって~のもチーム内や試合の中でちゃんと出てくるしなぁ。
それにしてもインド系の家族ってにぎやか~。この主人公には姉(彼女のノリが一般的な在英インド系ねーちゃんのイメージなのかな?)がいるだけなのでそう大家族って訳じゃ無さそうだけど、そのおねーちゃんの婚約->結婚のドタバタがらみでそんなに大きくない家に人がうじゃうじゃ。 ...そらお隣から文句もくるって(笑)
でも、この感じって一昔前の日本にもあったような。(壁に貼ってある聖人の絵を神棚や仏壇に置き換えてみよう)

そいえば主人公(ジェス)が住む町の風景の絵に飛行機が大きく映りこんでいたり、おとーちゃんやおねーちゃんはどうも空港で働いている風なところは"やっぱりそうなのか~"と。インド系っぽい人多いもんね>ヒースロー。

なにはともあれ最後にジェスのおとーちゃんがコーチなんかと公園で遊んでいる図を見ながら、心底「良かったねぇ」と思える映画。実は過去の告白以降ジェスよりも親父の方が気になってたりして。だ~って、このトーンなら決して主人公は悲しいことにはならないってのは判っちゃうもの。(悪い意味で大人である>私)
そんな訳で、凹んでいる時にいい映画かもしれない。(ただし、大きく凹んでる時は「世の中こんなにいい人ばかりじゃない!」と暴れたくなるかもしれない)

ところで、ジョナサン・リース・マイヤーズ。私は作りこんでた"ベルベット・ゴールドマイン"よりもこっちの方が綺麗だな~って思った。
#今amazonでちょいとこの映画のデータを調べてみたら、彼「ゴーメンガースト」(!BBCがTVでやったらしい)に出てるんですね。ちょっと見たいかも~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"アンダーワールド"

"フォーン・ブース"のエンド・クレジットをかっ飛ばして、チャンネルを合わせたのがこれ。
公開当時はサントラが豪華!なのも話題だった気がする。
で、ポスターなんかで主演のケイト・ベッキンセールがいきなり不良化しててびっくりした覚えも。

ストーリーはヴァンパイア(吸血鬼)対ライカン(狼男)の戦闘もの。 
どっちかというと映像を見せるタイプの映画と思われます。ストーリーも途中で「なるほどね~」って感じで結構納得。思わず「結局あんたが全部悪いんじゃん!」と言いたくなっちゃったけど。

こういった映画にありがちなんだけどこれも画面が暗いです。映画館ではOKだけど、TVで見るにはイマイチ見にくいパターン。
小汚いライカンと結構ゴージャスなヴァンパイアってのはアレだけど、着飾った女ヴァンパイアを見てたら、"ライカンってど~して野郎ばかり? 女は嫌いなのか?" という変な疑問が頭をよぎっていったのには参った。確かに一族を増やすのには必用無いし、変身する時にいちいち着る物が破けたら大変だけどさ。

ところで、ケイト・ベッキンセール動かなければかっこいいんだけど、走る姿が何だか重い。
戦士だよね~、ヴァンパイアだよね~
体重を感じさせられちゃうと困ります。
でも、さすがに監督が惚れきった状態(この撮影の最中だか終った後だかにプロポーズしたんじゃなかったっけ?)で撮ったって~話だけあって綺麗。バストアップは。

なんとな~く、続編も作れそうな状態で終ってるけどこれはここでやめておいた方がいいと思う。
次があるなら戦争の終結でしょ? う~ん。 

そいえば、私が見たのは劇場公開版とエクステンデッドのどっちだったんだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"フォーン・ブース"

劇場公開時(?)にケーブルTVのどこかのchでこの映画の撮影秘話のような事を流していて気にはなってました。
だ~って、そこでインタビューを受けていたとある人の名前は映画の広告では見かけてなかったんですもん。

って~事で、端から犯人は判っちゃっていた訳です>私。
ついでに筋もほぼ読めちゃってたし(苦笑)
そうなると興味はあの道一本なところでどうやって映画1本持たせるのか?って点に尽きるような。という事で、コリン・ファレルを魅力的と思えるかっていうのが評価の決め手になっちゃうのかな。ほぼ彼が映りっぱなしな訳だし。

私としては... どーでもいいや(笑)
耐えられないって事も無かったけど、のめる事も無かった。
よく考えてみたら彼が出てる映画を見るのは初めてな気がするけど、"口先だけで生きてる人間"ってーのとも微妙に違うような印象。こうゆうのは多分個人やら環境やらでイメージが違ってくるんで、ハリウッド的にはああゆうタイプがちゃらちゃらしてるのかもしれませんけど。(ゴシップネタ多いしな~)

ところで、話の筋 理不尽ですよね。
犯人が"彼"をそこまで追い詰める理由も判らん。
あの兄ちゃんはお姉ちゃんをくどいちゃいるけど... 妻に対しては後ろめたさを感じてるんでしょ? 世の中、そーんな事なぞ感じずに浮気してる人も居ると思うんだけど。元々良心なんぞ無いヤツじゃ、追い詰める対象として面白く無いって~だけ? 何か釈然としないんだよな~。
ポン引き(?)のにーちゃんをあんなにあっさり撃っちゃうというのも判らん。殺すこたー無いっしょ?
#ひょっとしてエンドクレジットの後にでも何かあったのかしらん?(次が詰まってたんで早々に変えちゃったもので)

で、この映画での犯人の声+話し方が私にとってはすっごく聞きやすかったというのにびっくり。もっともそもそしゃべるイメージだったんだよね>彼。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不覚

今日こそ都内まで出かけるつもりだったんですよ、ほんとは。用事なら山のように(<-大げさ)あるし。
なのに、どうして"また"家に居る?>私
h350
ま、根本的に軽く外出恐怖症ぎみだとか、昨日届いた水道料金の請求額がべらぼ~(通常の1.5倍以上!)だったんで水漏れがありそうな場所をチェックしてた(割りに確証はとれず)とか、その他にもこちゃこちゃした理由ならいくらでも出てくるんだけど、今日の諸悪の根源はこれ。(左の写真)
"酩酊混乱紀行 「恐怖の報酬」日記 イギリス・アイルランド"なる本。著者は恩田 陸。

昨日銀行に行ったついでに入手してきたもの。
紀行もので某ガイドブックをパクった表紙、しかも行き先が英/愛ときたんじゃとりあえず手にとらない訳には(笑)
中身をちょいと見たところそう古い話じゃない(2003年)ようだし、文体や内容も嫌いじゃなさそうだったんでつい。まぁ、ジャケ買いに近い状態って事ね。
※ちなみに本家はこんな感じ

で、昨日帰ってから読み始めたんだけど、これが... なかなか飛行機に乗らない(爆)
前半1/4位のところまで日本でうだうだしてます。
なので、いわゆる"紀行もの"を期待したりしてはイカン気が。ついでに旅行の参考にはならんと思う。

でも、何だか面白いんですよ、これが。
徹底的な飛行機嫌いぶりも見事だし、例で引かれてるものとか(下に入っているその解説とか)に思わずうぷぷとなっちゃったり。チェックもれと思われる間違い(妖精写真いうたらコナン・ドイルっしょ?)もいくつかあるけど、これなら読み物としてそこに行った事が無い人でも楽しめそうな気がする。
文章のリズムがいいんであっという間に読めちゃうし。
ただし、この値段設定(税別\1,400)はいかがなもんでしょう? これを考えると文庫落ちを待つか、持っている人に借りた方がいいかも。

しか~し、この著者よく飲むなぁ。感心。
文章中に出てくる例がやたら同世代くささを漂わせていたのでプロフィールを探してみたら、やっぱり私と数歳違いレベル。って~事で、もうそんなに若くは無いはずなのに。偉い!(って、何がだ? ^^;;)
ついでに"ブリティッシュ・ロック"でクーラ・シェイカーの名前が何だか唐突に出てくるのも偉い(のか?)

おまけにも一つ。これはちょっと気になったんだけど、ムアな気分に浸るにはイングランド北部まで行かんとあかんと思うんですが... 南の方は飼いならされた(再構築されている所が多いはず)自然だし、アイルランドはまた景色(と地場)が違うはず。"秘密の花園"ならヨークシャーに行かねば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケーブルTVで映画のハシゴ

この土日は"フォーン・ブース"に始まり、"アンダーワールド", "ベッカムに恋して","キューティハニー" そして "マスター・アンド・コマンダー"とケーブルTVで映画三昧でした。
それぞれに関してはまた別々に。
#明日はwowowで"ラブ・アクチュアリー"が流れるようなので忘れなかったら見ようと思ってます。

しっかし、酔っ払って見てたとはいえ"ハニー"はかな~りトホホ感が。
あれ映画館で\1,800払った人は暴れなかったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【発覚】配水管のつまり

「発覚」って~、配水管が詰まったら普通はすぐにわかるだろ? って感じですが、認識していなかった所に排水用のパイプがあった訳で。
今回発覚したのは、洗面台の溢れ防止用に開いている穴。
あれって本筋とは別に配管されてたんですね。

本筋に関してはそれなりにパイプクリーナーなんかでメンテをしている気になってたけど、こっちは野放し。
 ...夏場に出るちっちゃい虫の発生現場はここだったのか!
何とかしなくちゃと思ったのはいいけど、こっちのパイプにクリーナーの液は直接入らん。その為に何か買ってくるのも腹がたつので適当にプラを切ってガイドを作って流し込んでみても、すでに詰まった状態な為か"つまり解消"に十分な量は入らず。
 ...
ゴタゴタとやってたら最終的にはなんとか通りましたが、半日家の中が塩素臭くて頭痛くなりそうでした。いくら洗っても手はヌルヌルしてるし。
うちは古いんで最近の洗面台事情は判らないけど、こうゆう点はもっと扱い易くなってるんでしょうか?
※顆粒状のものを使えばもっと楽かもしれない。

もう1こ見落としがちな場所、洗濯機の排水口も近日中にお掃除しなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

匂うと臭うはどう違う?

非常に腹が空いている状態で漂ってくる菓子パンのイチゴの香料のニオイをかいでいたら気持ちが悪くなりそうに。
自分で食べてるのならまるで平気なはずなのに。変なの~

そいえば夏場に某駅のホームに漂うチョコレートのニオイも結構ツライ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

わからん-II

ストッキングを履いてオープン・トゥの靴を履いてる人。
いろんな事情はあるんでしょうが、なーんか興ざめなのでやめて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちゃりのカゴの利用方法

スーパーまで買い物に出た時、向こうから小学生(高学年位?)の男の子のちゃりんこがやってきました。
それだけだったら日常ありがちな光景ですが、何だか変な気配。

何だ?

と思ったら... 前カゴに猫がいた!
この猫がけっこうでかくて(大人サイズ)、お公家さんまゆげみたいな白黒塗りわけ(で薄汚れ気味)のいわゆるかわいいタイプのルックスの子じゃなかったりして。
おかげで「この子いい子かも?」と思ってしまったのは単純すぎか?
でも、自然ですごーくいい感じだったのよ。

で、思わず「あ、猫!」と言ったらにっこりされたような気もするけど、すれ違い際だったので確証無し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FRF '05

こっちは出演予定者第4弾が発表されてますね。(ココ

やった~!
Ryan Adamsの名前があるぅ。
実は数日前にCD引っ張り出して聴きながら、「誰かヤツを呼んでくれ~!」などと叫んでおりまして(爆)
この人って日本には来ないのかと半分諦め状態だったんですね。
叫んでみるもんだわ(<-違うって!)

で、でも、彼も土曜?!
今の発表状態だと私はこの日1日のみでOKなんじゃ?って思うくらい見たい人たちが固まってしまってます。
これはこれでマズイ。フジの場合は適当に余裕を持ってゆる~く過ごしたいんだよねぇ。そうじゃないと体力持たないし。

はなから1日のみの予定ならこれで願ったり叶ったりですが、行くなら3日間と思ってるんで(苦笑)
それにこんなに固まってると出る時間もダブりそうだしなぁ。
今後多少の見直しがある事を期待。
ところで、そろそろチケット買った方がいいかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サマソニ '05

日割り発表になりましたね。(ココ

...なんでこうなるんだ?
NINは見たいが、彼らが出る東京1日目は他にはほとんど引っかかってくる人たちが居ないやん!
Duran Duranを数十年ぶり(初来以来って事ね ^^;)に見るのも御一興だとは思うけど、多分NINとダブる時間と思われるのでダメ。あえてあげるならINTERPOLくらいかなぁ。
話のタネにSLIPKNOTを見ておくという手はあるけど。うみゅ~

もう1日はそこそこ見てみたい人たちが居るんだけど、メインがOASISの日に行く気はなんだか起きないんだよねぇ。セカンドクラスのトリがWEEZERっぽいのも微妙...

どっちにしても結局チケット買えずって結果に陥りそうな気配。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目の迷い?

免許の更新に行った帰りに目撃した張り紙。そこには

「コラーゲン焼き」

の文字が!?
それが張ってあったところは和菓子やさんの店先。一緒に鯛焼きのような写真もあったような気もする。
その唐突さに思わず早足で通り過ぎてしまったんだけど、これが後から気になって気になって。かといって戻る気にもならず(苦笑)
身体の衰えをひしひしと感じる今日この頃、じっくり見てたらつい買ってしまいそうだし。
って、買ってくれば良かったか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

103日目

昨日免許の更新に行った時に貰った資料の片隅にあった文字。
これは今年に入ってから4月13日までの日数。(だから今日は105日目です)
1年は12ヶ月でもう4月の半ばだから当然といえば当然だけど、改めて見せられると何だか愕然。"何やってたんだろうなぁ~" な~んて考えるのは止めときますが(笑)

ところで、この時点での埼玉県の交通事故による都道府県別死者数は全国最悪だとか。判るけど。ひどいもんね、運転マナー。うちのそばの横断歩道もうかうかしてると歩行者側が青でも車つっこんできます。ちゃりんこの事故も多いって~話ですが、これも納得。だって警察署に行く途中にも片側2車線の道を赤信号で突っ込んでいくおばちゃん見たもん。うちの近所だと車道を右側通行してるヤツ(歩道が狭いんで歩行者がいるとそのまま車道に出るせいもあるが)もよくいるし。それにだいたい無灯火多すぎ。ガキを搭載したママちゃりですら無灯火って?意識低すぎないかなぁ。

しかし、視力で引っかからなくて良かったぁ。最近ほんと見えないから覚悟を決めて眼鏡も持っていってたんだけど、とりあえず今回は使わずにすみました。
でも、私くらいの見え方でOKって~のも何だか危ない話だぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギャラクティカ!

普段行かないコンビニに行ったら、宇宙空母ギャラクティカの食玩が!!!

きゃ~っ!

ついてるお菓子がガムだったんで思いとどまったけど、他の物だったら最低でも1個は入手してたと思う。
好きだったのよ、これ。
サイロンさんたちのチープなピカピカ具合+サイロンしゃべりも素敵すぎでしたが、やっぱり最終回の衝撃は忘れられません。

なお、発売元はコナミです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かわいいかも

今日の新聞にコンクラーベ用の投票箱の写真がでてました。
これが「箱」っていっても円盤型。
記事によると今までは聖杯を使っていたようなので新調したらしい。 ...いったいどれ位前に準備してたんだろう? 急作りっぽくはないし。
飛ばして写真撮りたいくらいのキュートさ。(おい!)

朝日の写真では2つしか写ってなかったけど、大きさが違うものが3個あるみたいですね。
※写真のある所にリンクしたかったんだけど発見できませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねじねじ

img_5540-w450
相方の出張みやげ、麻花(まぁふぁ)です。
ねじねじタイプのお菓子といえば中華街とかでも売ってるけど、これは私が前に食べた事があるもの("麻花兒"という名前だったと思う)とは微妙に違います。
"麻花兒"といえばかっちかちな印象だけど、こっちはもっともろい。
ねじられているものも小麦粉+卵だけ?って感じではなくて、間になにやら入ってます。で、割るとこれがバラバラ落ちる(苦笑)
img_5540-upこの写真で判るかな?
これはTraditional タイプ。確かもっといろんなものが練りこまれたタイプもあります。
箱には"天津特産"とあるので、地域的にアレンジが違うんだろうなぁと思います。
これ、練りこまれた部分が油を吸ってるのかかた~いタイプのものよりも油っぽいので苦手な人もいるかも。

箱にHPのURLがあったので見てみたら何だか巨大そうなものもあってびっくり。
いちおURL http://www.gfxfood.com/
ただし中国語対応になってないとNewsなどは見られないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あ、そうか

今日の午前中、呼び鈴が鳴ったので玄関口に行ってみたら
「クリスチャンのボランティアです」
とのこと。

キリスト教系の方々は法王さんの喪に服しているもんだと思っていたので"何でこんな時期に来る?"という印象だったんだけど、よく考えたらカソリックな人たちは「クリスチャンです」とは言わなかったような。
...なるほどね。

それにしても、"ボランティア"ならもっと行くべき所があるだろ~が! と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こんくらべ

TVを点けていたら次の法王さんを決める"コンクラーベ"に関して、日本人の枢機卿さんのお一人が「日本語に根比べってあるでしょ。まさにあれ」とおっしゃっていたのが聞こえてきてつい笑ってしまった。
缶詰め状態で1日2回の投票、それを誰かが2/3とるまで延々となんて確かに辛そう。(3日で決まらないと1日休みが入るらしいという話も別の番組で耳にしましたが)
しかし、いろんな思惑が1部屋に渦巻いている状況ってすっごいんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サクラサク

うちのご近所でもそろそろソメイヨシノが咲き始めた模様。
明日からどかぁ~んと気温があがるそうなので、このままがっと咲くんでしょう。

でも、桜=ソメイヨシノな扱いって何だか私は気にいらん。
たしかに葉が出る前に花だけどびょ~んと咲いて、それが夜ぼ~っと浮かび上がる図は美しいと思うけど。あの木って何か不自然で不憫な気がする。

これって、通学路沿いにあった桜が毎年アメリカシロヒトリにたかられてるのを見せられてたせい?(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍋で飯を炊く

ル・クルーゼの鍋、頼んだ数日後には届いたのだけどとりたてて使うアテも無し。でも"新しいおもちゃ"が手に入ったら使ってみたいってーのが人情ってもん。
そしたら、くっついてきたリーフレットに「ご飯の炊きかた」が出てるじゃないですか。

...簡単。

水の分量はどこで決めるのじゃ? という疑問はあるけど、まる~で問題ナシ。鍋で炊いたくせにおこげが出来なかったのが不満な位。(<-水が多かった可能性大)
炊飯器だと固定観念で1合単位でしか炊かないけど、これなら適当な量炊けていいかも。時間も読みやすいし。

ただしこれだとガスコンロを1口使ってしまうのが困りもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »