« SS'06(TOKYO-2日目) - 感想(の予告) | トップページ | SS'06(TOKYO-2日目) - その2 »

SS'06(TOKYO-2日目) - その1

SUMMER SONIC '06 2日目(2006.08.13)
見てきた分の感想 -その1- です。
(レポにはなっとりません)
朝入ってからマリンへ移動するまでに見た4組

Living Things
Two Gallants
She Wants Revenge
Secret Machines

すべてメッセのソニック・ステージにて。


Living Things (Sonic)
どんな音が流行ってる時にでも必ずこんな感じのバンドはどこかにいそうな普遍的なロッケンロースタイル(って何じゃ? 笑)な、普通にかっこいい(といういう言い方も変だが)バンド。
途中MCで"ミズーリ州セントルイスから。ブッシュがまだキングな土地だぜ"みたいな事を言ったんで、一瞬"うげげ..."と思ったらそのあと"みんなで中指立ててやろうぜ。"って展開になったので一安心。
確かリベラルだったよなこのバンド、って記憶は正しかった... らしい。
Vo氏が下に下りた間にドラムに何かあったようで(油断してて見てない)バスドラを代えたりしてて変な間ができてしまったのが残念。
この間Bass氏(チェーンスモーカー ^^;)がサマソニの?Tシャツを何枚か撒いてくれたり、G氏が何やらつま弾いたりして繋ぐ努力はしてたんだけど。
で、その後に一旦引っ込んでたVo氏がつば広の帽子をかぶって出てきたのは謎。
音もライブでの方がアルバムで聴くよりかっこいい気がする。
みんなでピースサインでバイバイ。


Two Gallants (Sonic)
音はまーったく聴いた事は無く、前日にサマソニ・オフィなHPでアーティスト紹介を見て「面白そう!」と。
Vo/GとDr2人組み(男2名)
...面白い! 
いろんな要素が入ってると思うんだけど、ギターをかき鳴らしながら歌うVoとのめり込み状態で叩きまくりながらコーラスを付けるドラム。
ドラムのにーさん大変そう。(って、ギターの人もだが)
強いて言うならパンク・フォークってところか。で、そこはかとなくブルーズ(ってテイストが)。そこにいろーんなエッセンスをぶち込んである感じ。
Vo氏のちょっとケロケロっぽい声も魅力的です。
音だけでも面白いと思ったけど、このバンドは歌詞が重要なんだろうなぁという感じもひしひしと。
聞き取りで意味がとれる英語力が欲しい。(<-それはそれで問題が発生する可能性があるけど)
アルバムで歌詞をチェックしてから見たかった。
ただ、同じテンションでタイコが叩かれ続けられているせいか途中ちと飽きたか?という面も。ライブではちょっと引きの部分も欲しい気がする。


She Wants Revenge (Sonic)
やはり音はまるで聴いた事も無く、サマソニ・オフィHPでも情報が無く、なんじゃらほい?と思ってた人たち。
一旦出てケバブ食って戻って来てみたらちょうど始まった所だったので(貧乏性ですみません)
ニュー・ウェイブ・リバイバルなバンドって事でいいのかな?
低目の声であまり抑揚無く歌うVoと安っぽくエレクトロっぽいサウンド。
何だかこうゆうバンド多くない?
悪くは無いけど、前にどこかで? って感が漂いまくってるのがなぁ。単にメジャーに出てくるタイミングの問題でしょうが。
ま、こうゆう音はそんなん関係なく踊ったもん勝ちだと思います。
そそ、Vo氏の動きにそこはかとなくフェリィさん(ブライアン・フェリィ)を感じてしまい、ついクスっと。
あの斜めに振り下ろす手の動きとかは無いんだけど、タメの入った腰のくねり具合とか(笑)
ガタイがいいんで(しかもタンクトップだよ、ボーダーの)なーんか妙。
しかし、MCで何回かしっかりバンド名を言ってたのと、明日どこかで会おう!みたいな事を言ってたのには感心。
しっかり言うべき事は言ってったじゃん、って。
この辺がさすが"From Los Angels"か。
#今ちょろっと調べたら、彼ら本来は2人ユニットなんですって。
今回はちゃんとしたバンド編成でした。が、どうりでGの人とか職人さんっぽかった訳だ。


Secret Machines (Sonic)
メジャーデビュー盤は妙に好きだったんですが、最新盤が試聴機で聞いた時は"いーじゃん"だったのに家で聴いたら"つまんね~!"でして(爆)
なので、ぜんぜーん期待せず。
何曲か見てダルかったらバッティングしてるWe Are Scitentistsに移動する気になってました。
#W.A.S.はなーんかライブの予想がついちゃうんでS.M.を優先です、当然。
相変わらずの3ピース、それもG,Key(後からBassも),Dr。
あ~、こうゆうの弱い~(^^;;)
ここもDr以外の2人は兄弟なんだっけ?
どっちが兄かは判らんけど(どうもKeyの方が兄らしい)やっぱりアゴの線とか似てる、とかとりあえず阿呆な事が頭を過ぎる。
あ、右サイドに来たのは失敗だったか。Keyの顔が見えん。(が、後ほど横から見た方が好みという結論に 笑)
バスドラには"Ten Silver Drops"のジャケにもある水滴のペイント。
それにしても音が~。
半端に前の方のサイドに居たせいか、低音スピーカーの音が直撃。で、これがずーっと唸りっぱなしでひどいときた。
い、いや、朝からダメだなぁとは思ってたんだけど、この時は特に気になった。KeyからBassに持ち替えた後は多少良くなった気がしたけど、それでも×。
#好きな曲が出たら後ろに行こうと思ってたのに、その曲はやってくれないし(涙)
音はひどかったけど、何故かライブ自体には気持ちがすんなり入れて楽しめました。
2ndの曲もアルバムで聴くよりはいい感じ。
基本的に押さえ気味だった照明が音に合わせてガンっと点灯する所とかかっこよろし。
もし、単独でくるような事があったら行きたいかも。
 ...Gのにーさん見る為だけにでも。
じゃなくて、もっとちゃんとした音で聴いてみたい。って、↑も本心ではありますが(爆)

あ、これが始まる前にBGMでブームタウン・ラッツの"RAT TRAP"が流れててびっくり。
いやぁ、彼らの"I Don't Like Mondays"以外の曲を耳にするなんて何年ぶりだろう?

|

« SS'06(TOKYO-2日目) - 感想(の予告) | トップページ | SS'06(TOKYO-2日目) - その2 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24270/11459961

この記事へのトラックバック一覧です: SS'06(TOKYO-2日目) - その1:

« SS'06(TOKYO-2日目) - 感想(の予告) | トップページ | SS'06(TOKYO-2日目) - その2 »