« 暑い... | トップページ | 珍客現る? »

"ストームブレイカー"

久々に一気に本を読んだので(苦笑)

これ大元はすっごい前に出た本じゃなかったっけ?(->2002らしい)
児童書の棚で見かけてそのサブタイトル?「女王陛下の少年スパイ!アレックス」というのに引かれて手にとって見た→けど単行本(特に児童書系は意味無く大きくて重い)なのでパスした記憶が。
それが映画公開に伴って文庫版化されたようです。

<データ>
著:アンソニー・ホロヴィッツ
訳:竜村風也
集英社文庫 (税込み580円)

実家からの新幹線の暇つぶし~、という事で"ロック・フェスティバル"(新潮新書)と迷った結果こっちを選択。選択理由? 軽そうだったから(笑)
結果、正解。
新幹線に乗ってる時間=2時間に少し欠ける位で読めちゃいました。
軽~く時間つぶしをしたいときにはお薦め。内容も重くないし。 って、テーマは実は重くて根が深いとも言えなくは無いのか? 主人公にしてみればまさに晴天の霹靂だし。 でも、こうゆうパターンの本なら少なくとも主人公は(ひどい目にあっても)死ぬことは無いので(続編もあるのを知ってたし ^^;)安心して読んでいられるんですよね。
ただ読んでる途中で思わず地図を確認したくなって"がる~"でしたが。
手元に”London AtoZ”があったりGoogle Earthが起動できる環境だったらもっと楽しいかも。

ところで、文庫にするなら表紙,イラストは変えて欲しかったなぁ。文章読んで頭に浮かぶのと全然違うんですけど>アレックス。
こんなスタッドばりばり+ユニオンジャックなジャケットはヤツの趣味では無い... んじゃ? だいたい前半はほぼ学校の制服だし、後半は本人の趣味とは違うかっこしてるはずだし(でも、英国のコンピューターヲタってどんな格好してるんだろ?)
それより何より14でこんないかつい体つきなんてイヤだー!

そそ、これ読んでると風景が頭にぽんっと浮かぶので映画も意外といいかも。 ...お子様映画と化してなければ。

も一つ。
このシリーズ、3作目までは8月,9月と続けて文庫で出るようです。が、単行本は最終巻というものが7月に出たんですね。
うう、気になる。
全部で6冊? となると、成人してあそこの保護下から離れるって~事かな?

|

« 暑い... | トップページ | 珍客現る? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24270/16176347

この記事へのトラックバック一覧です: "ストームブレイカー":

« 暑い... | トップページ | 珍客現る? »