« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

そうだったのか!>オニール

前の記事を書くのに "つい" ゲイト(Stargate)に関しても調べてしまっていたら、今更発見。

映画版のオニールとSG-1(TVドラマ版)のオニールは微妙に別設定らしい。納得!

苗字のつづりが違うなんて。映画ではO'NeilでSG-1のはO'Neill。
Lの数が~。TV版で"L2つ"って言ってるのはそれだったのね。
判ってなくてすまん。

そろそろ最終シーズンも近づいているので真面目に見るか>スカパー
でも、シーズン10では片が着いてない? となると、結局グダグダのまま?
その後はDVD映画2本という話だけど、はて?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

インディアナ・ジョーンズとリック・オコーネル

この夏に見た映画が"インディ4"と"ハムナプトラ3"の2本ってのはどうゆう事よ? とは自分でも思う。
ま、それはおいといて、第二次世界大戦中の身の振り方(?)に関して何か2人して似たような事言ってるな~と気になったのでちょいとチェック。
そしたら、この人たちって年齢設定が1つ違い。インディの方が上で1899年生まれらしい。
#子供の方はアレックスが1928生まれらしいので10歳くらい違うみたいですね。

となると、それぞれの映画の舞台の年も気になる訳で
<インディ・ジョーンズ シリーズ>
『レイダース 失われたアーク<聖櫃>』(1981) - 1936
『インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説』(1984) - 1935
『インディ・ジョーンズ 最後の聖戦』(1989) - 1938
『インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国』(2008) - 1957

<ハムナプトラ シリーズ>
『ハムナプトラ/失われた砂漠の都』 (1999) - 1926
『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』(2001) - 1933
『ハムナプトラ3/呪われた皇帝の秘宝』(2008) - 1947

ちなみに映画版『スターゲイト』(1994-公開も舞台も)でゲイトが発掘されたのが1928年だったりして。
みごとにみんな被って無いぞ(笑)
余談ですが、シカゴ大にも縁がある(SG-1での設定)ゲイトのダニエル・ジャクソンは1965生まれの設定とか。

も一つついで。
『アメリカン・グラフィティ』の舞台は1962年だそう。
いや、マットくん見てたらハリソン・フォードを初めて見たのってコレだったよな~と思ったもので。あの設定は多分20台前半くらい。やっぱりマットと同世代ですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巧妙化してます

相方の実家に"振り込めサギ"の電話があったらしい。

内容をざっくりまとめると
「海外出張中なんだけど荷物や何やら一切合財 -会社のお金含む- 盗られた」
という話。
"声が違う" と思ったのでそう言ったら "海外で携帯が違うから" と返されたとか。

今日(その電話があったのは金融機関の営業時間外だったせい?)また電話する という事でその前にうちにかけてきたらしいのですが、いきなり "何か連絡あった?" と言われて私は???大会でした。

って、これ
うちにかかってくればウソなのがバレバレなんだけど、実家にっていうのがそら恐ろしい。
いったいどこで実家の電話番号とヤツが海外に行く事がある(で、実際に出張で行く地名をだしてきた)というネタがリンクしたんだか?
ついでに実家からうちへの確認の電話がそのすぐ後ではなくて一晩あいてるというのも微妙に恐い。
だいたい本人携帯持ってるんだからとりあえずかけてみるとかしてくれ。電話の向うで安心した声を出してるのを聞いて私は逆にすご~く不安になってしまったんですけど>お義父さん、お義母さん。

相手から今日またかかってくるとして、どう対応するんだろ? 不用意な事言わなきゃいいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ストリートビュー

ちょいと住所検索をしたところにストリートビューがあったので興味本位で昔住んでたあたりをチェック。

そしたら、2こ前に住んでたところにもあるのを発見。
まだあるのか!>あのアパート
驚愕。
あれからもう1X年、私が住んでる時ですらかなりボロかったんですが。下のカラオケスナック(当時)の音筒抜け(今思うとコレも今の耳鳴りの原因なのかもしれない)だったし。
ん~、私が容赦無く開けた -管理会社から了承を得てからだけど- エアコンの穴はどうなってるんだろう。

その周辺もチェックしてみたら、ご近所にあった八百屋さんとか和菓子やさんとかお肉やさんとかは健在の模様。
ただ、お世話になったクリーニングやさんと引越し後もずっと気になってたイタリア料理店は無くなってるみたい。残念。

この機能、防犯的にはどうなのよ?って気はしますが、たしかに楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハッピーフィートなSIGG

アルミの水筒 SIGGにHappyFeetの図柄のものがあるんですね。
ただし、マンブルのみ。
アミーゴスのがあったら買ってたかもしれない。
#http://www.sigg-jp.com/product/06_kidz.html

けど、今の生活パターンだと持ってても使わないだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピカ乗りサマー2008

新潟駅でポケモン新幹線を目撃しました。
...今回はデジカメ持ってなかったんだよなぁ。

で、新幹線の中でコーヒーを買ってスイカで払ったらクリアファイルを貰いました。
#300円以上のものをスイカで買うと貰えるらしい。
これ、B5くらいなのかな? ハガキは余裕で入るサイズです(128mm*187mm)
ついでにコーヒーのカップにもピカチュウ+今回の映画のキャラ。

でも、車内販売のお嬢さんたちはスイカペンギンのエプロンなんですよね~
どうせならペンギングッズの方が(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

で、JAMC

クアトロに行った理由 THE JESUS AND MARY CHAIN
とりあえず、かる~くいきます。

良かったよ。
JimがRAMONESのTシャツ姿だったのにはびっくり->評価が3割ほど割り増しになっておりますが。
前見た時よりもプロっぽいなぁ、と思った。まぁ、彼らの場合それがいい事なのかどうなのか?は判りませんけど。
でも、"今"再結成でやってるって~事はいろんな事に落とし前つけた上での事だろうから当然なのかもしれません。

無駄なMCや間はほとんど無し。
アンコール1回(2曲)で、トータル1時間15分位?
新曲もやりました。

ただ、あと一歩、いや二,三歩前に出てくれ>にーちゃん。
向かって右端のアンプ前が定位置なので、見る場所によってはまるで姿が見えなかったのではないか?と。

しか~し、にーちゃんを斜め後ろに背負ってステージやってるって、そりゃ若い頃はてーへんだったに違いないなぁ、としみじみしていた私は何なんだ。(って、次女さ。 笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新装開店 クアトロ

行ってきました。

結論
ライブフロアはほとんど変わっていない模様。
左側の例の柱も右側のスピーカーの位置も同じ。出入り口+階段の狭さも同じ。
(可動式のスポットライトが何基かフロア上にあったけど、あれ元からあったっけ?)

じゃ、何が変わったのか?というと、エントランスフロア。
4階がまるまるクアトロの管轄になったようです。今まではぜーんぶ階段に並ばされてましたが、ココがバッファになるみたい。今日はとりあえず200番まで4Fに行ってね!との事でした。
でも誘導はまだイマイチ。番号言われて行ったら、入り口ではもうちょっと後の番号が呼ばれておりました。何で?

あと、ロッカー。
今までは入ってみるまで空いてるかどうか判らなくて、チケの番号によっては博打状態でしたが今度は入り口の外にあります。量もかなり増えた。ぱっと見3倍から4倍にはなってるんじゃないか?って感じです。
しかも料金は200円! 今日は番号が良くなかったんで駅で荷物を預けてしまったので100円損した~

それとグッズ売り場がちゃんとしたスペースになってたり、喫煙エリアらしき所ができてたり>4F
あ、確認しなかったけどひょっとしてライブエリアは禁煙になったんでしょうか? もしそうなら嬉しいな。

ところで、クアトロって飲み物で「水」って無かったっけ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒崎茶豆がやってきた

去年はとある事情で毎年うちの実家で調達していた枝豆が手に入らず。
おかげで親たちは枝豆難民化していた模様。うちでも「もうあれは食べられないんだねぇ」としみじみしておりました。

ところが、
まさかの復活。
どうも息子さんが後を継いでいたらしい。良かった!
そのおこぼれがうちにも送られてきて(<-きっと送料の方が高い)さっそく食べさせていただきました。うへへ。
実の大きさはもうちょい?な感じですがやっぱりおいしいです。ありがと~!

| | コメント (0)

FEEDER来日日程発表

東京は2日(呼びやさんはSMASH)
10.5 (sun) Shibuya CLUB QUATTRO
10.6 (mon) Akasaka BLITZ

公式?に発表されてなかった東京の"もう1日"も出ましたね。出し惜しみなく。
日程の後ろに入ると(くまイベント関係で ^^;)ちょっと怪しかったので前に入ってほっとしてます。

本当にあの曲をやってくれるか確認しなきゃなのでちゃんと2日行こうと思ってますが、大丈夫か?>クアトロの方のチケット確保。
個人的には会場は日月で逆の方が良かったんじゃ?と思う。
#ぐるっと回ってもう1回東京近辺でやってくれても構わないぞ。

ついで。
rodrigo y gabriela も発表になりましたね。
11.12 (wed) Shibuya AX
(あとは大阪)
こっちは考慮中。

今週末はサマソニ(<-私は行かない)なので、その後また単独とかの発表があるんだろうなぁ。
かも~ん、Skindred
サマソニでは彼ら真昼間の外なんだもんな~。私には無理。
あとフジにもサマソニにも関係無いけどThe Gutter Twins 見たい~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

"ミーハー魂"

M-ON(スカパー)を見てると↑のキャッチフレーズがたまに入ってきます。

で、いやいや確かに「ミーハーさ」というのは大切だぁね と思う。
ただ「魂」と言われると"そんなに大層なこっちゃろうか?"と思ってしまいますが。ミーハーならもうちょっと軽くなくっちゃ。

なので、ここは一つ "ミーハーごころ" あたりでどーでしょう。
ま、何であれ大切にしていきたいもんです(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日から

雷+雨
ほんとよく鳴ってる(+光ってる)し、よく降る。

こうゆう時 もうちょっと地盤の高い所に住んでいたい と思う。

それより、今日は出るつもりだったのになぁ。あ~ぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手元用眼鏡-その後

導入した例の手元用眼鏡。
確かに黒地の布を縫う時には見やすい。
でも、白のを縫うときには無い方が良さそう... って、何なんでしょうか?

面白いぞ>人間。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

薄荷糖

P1030535h400
フジロックフェスの帰り 越後湯沢の売店で発見。
薄荷糖って旧塩沢町とか十日町あたりの名産なのです。(今は南魚沼市ですね>旧塩沢町)

薄荷糖とは... 簡単に言うとハッカ味のお砂糖のかたまりのようなもの。飴ほどは硬くないけど和三盆のお菓子ほどはかなくもない。白くて棒状。見た目はチョーク。
しつこく無いので夏場に何か甘いものが欲しい時にはちょうどいいと思う。半分になら簡単に折れるし。

で、これは普通に見かけるものよりも高級バージョン。「高級和三盆糖使用」とのことで色がほんのりとついてます。食べるのが楽しみ。
#新潟市あたりだとあまり売ってるのを見かけないので少し残しておいて実家にも持っていこう。

薄荷糖って元々は好きだったのですが、ある時うちにどーっさり(一斗缶?ぎっちり)届いていい加減イヤになったという過去があったり(うちってこんなんばっかりだ 苦笑)
都内だと表参道のネスパスに通常版が売ってますね。これも通常版も一袋300円位だったはず。(<-入ってる量が違う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

懲りない

今年もまたうちのベランダの(花の咲かない)ラベンダー -通称モケモケ- に青虫さんが出現してました。
何であんなもんにつくかなぁ?

毎年いい具合の大きさになると居なくなってしまうのですが、今年はどうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うにょ~ん

国立新美術館に行ってきました。
ここって元東大生研ですよね? あの薄暗~い建物(って1回だけしか行ってないと思うけど)がこうなっちゃうなんて。

それはともかく、お初だったのでもう本題そっちのけでウロチョロしてきちゃった。"助役"連れて(<-社会科見学モノは彼が担当することが多い)
P1030510w350
こうゆうアヤシイ建物だと堂々とくまを出して写真を撮っていても誰も変な顔はしないので楽です。あ、いや、遭遇した人たちも内心は「アヤシイ人が居る」と思っていたかもしれないけど。

もひとつ、
P1030527w500
何だか不思議な映りこみが入ってます。
さすが逆光マジック。
 

で、本題はコレ。
P1030495cut
第60回毎日書道展(の後期-II)
父の趣味関係っすね。
私にはまるでわからん世界。こうゆう所に行くとほんと自分の教養の無さにがっかりします。
でも、どう見ても字じゃない書って私にはなんとなくサギに思えてしまう。何でこのどっぴゃ~でそのタイトル?って。頭固いからな~>私。
ついでに展示の多さにクラクラ。
出展者名が判れば何階の何番の部屋にあるというのは検索して貰えるので途方にくれる事は無いのが救いですけど。
でも、この状態が4期もあるんですよね。もう訳わかりません。(B1のカフェテリアに居るときに「応募は3万点」とかいう声が聞こえてきたんですが、本当なんでしょうか?)
作品から放出されてる情念みたいなヤツもあって会場内ではかなりぐったり。書道やる人って体力/気力あるなぁ。

あ、ココのショップは面白いですね。
「狐」の手ぬぐいがあったらきっと買ってたな。凝ってるとはいえ手ぬぐい1本\2,100は高いけど。(注:反物から切って貰えば手に入ります>狐手ぬぐい。値段も一緒)
狐の金太郎飴もかなり欲しかった。次に行った時には買っちゃいそう。

で、そのまま青山墓地を抜けて原宿まで歩いて帰った。我ながらかなりの阿呆だな、と。
そしたら表参道ヒルズでクレモンティーヌが歌ってた。着物着て。
苗場に引き続き万歩計が欲しかった一日(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »