« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

"医学と芸術展" に行ってきた(2010/1/29)

@森美術館(六本木ヒルズ森タワー53階)
サブタイトル?は 「生命と愛の未来を探る-ダヴィンチ、応挙、デミアン・ハースト」

えと、概要は美術館のHPでお願いします。
http://www.mori.art.museum/contents/medicine/index.html
こっちもどうぞ
http://moriartmuseum.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/1-e390.html
http://moriartmuseum.cocolog-nifty.com/blog/2010/01/2-750f.html

三部構成で、すご~く大まかにいうと過去から未来に向かっていくという流れ。
医学と芸術が出会う場としての身体、ということで昔の解剖図やら人体模型やら実際の医療器具やら+現代美術という展示。 ...後半へのつなぎはなんだか力技っぽかったけど。
ラストのパートは現代美術がメインになってくるんで、ちょっとしんどいものもあるというか。すみません、"これはダメ... " というものもありました。そうゆうこともあるとは判って行ってるので問題は無いのですが。
「刺激がつよいものもあります」と注意書きがあった小部屋の中の解剖図なんかは結構平気だったんですけどね(ただ"おぃおぃ..."ってのはあったな ^^;)
あ、そうそう。ロビー・ウィリアムズのその昔のどんどん皮やら肉やらを脱いでいくビデオクリップって何となーくこの解剖図の世界だわ... と思った。

この展覧会、知識があったらもっと楽しめるんだろうなぁ。
特に前半。一応音声ガイド(無料)を聞きながらみていましたが、それではまだ不十分。ガイドツアーが週に何回かあるらしいのでそうゆうものにくっついて歩いた方が面白そうです。
現代美術の方も"これは何をあらわしたいのか?","なにがきっかけで作られたものなのか?"といったことはただ見ているだけでは判りにくい場合が多い(と思う、私は)ので解説をしてもらった方が楽しめると思うし。

この展覧会 英国のウエルカム財団のコレクションがベースになっているそう。
"って、英国のどこよ?"と思って、帰ってから調べてみたらロンドン、それもユーストン駅のすぐ近くだって。奥が深すぎ>英国というかロンドン。 (ここの創始者の方は米国出身みたいですが ^^;)

ところで、グッズのミニノート あの大きさで\315円(税込み)というのは高すぎないか~?
関節模型くんのもダ・ヴィンチさんのヤツも結構好きだったので200円(税抜き)なら2冊とも買ったかもしれないのに。(<-この辺なんか微妙な線ですね)

ただこの展覧会、結構特殊なものをあつめてあると思うので特にお薦めはしません。
気になる人は止めても行くだろうし。
#表参道ヒルズや六本木ヒルズに割引券(\1500->\1300)を置いてるお店があったりするので、レジのあたりをちょっと注意して見るといいかも。この展覧会のチケを持ってるとついでに展望台にも入れます。

ところで、
・ダ・ヴィンチさんの解剖図はびっくりするくらい小さかった。
・一番ずどーんときたのは"ライフ・アフター・デス"だった。
・日本の骸骨さんはそこはかとなくユーモラス。
・義手のうちの1つは下手な美術品なんかよりもずっと美しかった。
とかいったメモをこんなもん?というところまで書いたところでぶっとばしました(泣)
作品名や作家名などをサーチしながら書いてたのですっごいショック。どーでもいいものもあったけどおぼえがきとして自分の為に残しておいた方がいいものもあったはずなので、思い出したらまたポツポツと追加しなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かいじゅうたちはどこにいる?

"かいじゅうたちのいるところ"(監督はスパイク・ジョーンズ)を見てきました。

これって、元々が絵本だしTV-CMの感じではお子様向けの明るく楽しい冒険物?って雰囲気をかもしだしていますが、実際は違いますね。大人の方が身につまされるのでは?
絵のトーンも結構ダークだし、かいじゅうたちの行動も衝動的でバイオレントだし、逆に小さなお子様にはどーなんだろ? もっとも、子供というものは衝動的でバイオレントでかつ残酷な生き物だったりもする訳ですが。(<-自分自身をかえりみて)

ところで、この映画化で私が楽しみにしていたのは「いつの間にかMaxの部屋が...」ってところだったのですが、ここはばっさりとスルー。 ...がっかり。
でも、あの筋だとお母さんがMaxが無事帰ってきたという事(≒どこかに行っていた)事を判ってないとイカンのでしょうがないのかな。
あ、原作には無い部分で太陽のくだりを話す理科?教師はひで~ヤツだと思った。実際にはそうなるのかも知れんけど、8歳の子供達にはああゆう風に言っちゃダメだわ。

かいじゅうたちは着ぐるみ+表情CGで正解。かいじゅうたちの住みかとかも好きでした。初めの丸い家、欲しいです。
ちょっと全体的に長編のミュージックビデオっぽい?とも思ってしまったけれど、聴こえてくるカレン・0の声にそこはかとなく母性が漂ってる風だったのでそれはそれでよかったかな。(知ってはいたけどアーケイド・ファイアの曲ってほんとに使ってないのね。何で?)
それにしても全体的にあの絵本をよくあの長さまでふくらましたなぁ。
ついでに " ...かいじゅうたちのその後はどーなってるんだろう" とか思わせてくれたり。特にダグラス!
合う/合わないがある映画だとは思いますが、私は結構楽しめました。というよりも考えさせられた、かな。

ただ、1こ離れた席の人がつけていた香水にあたったのか途中からちょびっと気分が悪くなってきたのが誤算。すっごい空いてたのに、これはほんと運が悪かったとしか思えない。

なお、私は子供の頃にはこの原作のモーリス・センダックの絵本は読んでません。'63年初版らしいけど、母の好み... じゃないよな、これは(笑)
で、高校の頃に古町の萬松堂で立ち読みしてました(制服姿で。当時はかな~り変な目でみられました>絵本コーナーに居る女子高生)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有楽町西武閉店

私にとっては改装する度に必要度が減ってたマリオンの西武。
酒蔵があった頃は有楽町方面に行けば -買う/買わないは置いといて- 結構寄っていましたが、無くなってからはほぼ用なし。ここがターゲットを働く女にした数年後に私が会社を辞めたってのも大きいのかもしれませんけど。
A館B館(<-こう言っちゃう時点で古い。今はFashion館,Beauty館でした)に分かれているのも面倒くささを増長してたな~。

でも、上の階層に行くほど高級感が増す->妙な圧迫感を感じるフロアってのはたまーに行くと結構スリリングだった気が(私だけ? ^^;)。 閉まちゃう前にもう1回くらい体験してこよう(笑)

ところで、"年内"っていつまで営業するんでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

adidas×STAR WARS

実物(の一部を)見ましたが、なんだか凄いっすね~
靴はけっこういいかも?って思った(ストームトルーパーさんバージョンとか)けど、Tシャツとかパーカーとか着るのにはかなりの思い切りが必要かと。
あれでGo!がかかるってのは逆に感動的かもしれない。

しかし、23日にたまたま原宿界隈に行っててダースベイダーさんご一行に遭遇した、って何てラッキーな!>姪っ子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコ祭り

もはや1月末恒例になってる気がする チョコ祭り@新宿伊勢丹=サロン・デュ・ショコラが明日から始まります。

が、

今日はiカードを持っている人用のプレオープン。(18:00まで)
他の買い物を無理やりくっつけて行ってきました。
とか書くと どんだけチョコ好きなんだ? って感じですが、まぁまぁ普通に好き(ってどんなんだよ~!)レベル。イベントにからめたムック本も持っていないし、ショコラティエの人の顔と名前は一致しておりません。
#もっとも、「パッケージ(やモノ自体)のイメージは把握できるんだけど人や名前はダメ」というのはチョコに限らないんですが。くまの作家さんですらいまだに全然判らんもん。

でも、普段目にする事が無いor少ないところが集まってて楽しいんだも~ん。
なので、いろんな人のが1個ずつ入ってるセレクションBoxを入手するのが目的。それと相方用のオランジェットを探して、あとは前に食べて "好き" と思った所のものをいくつかと知らない所ので "ん?" ときたものがあったら入手するって感じで。
ほんとはバラ売りのヤツを1個とか2個とかいろんな所で買いたいんですよね。箱入りのはパッケージとして楽しいし、美しいと思うけど私にとっては過剰かな... と。結局ほぼ自分で食べてしまうので(爆)

んで、今回もベルナシオンはが~っと並んでおりまして。 ...挫折。
去年買ったタブレット(一番標準的なヤツ下さいと言ってお薦めしてもらったもの)がおいしかったから今年はそれにもう1種類くらいプラスして買おうと思っていたのになぁ。まぁ、どうせまた行くと思うのでその時には空いている事を祈るのみ。
あと並んでたのはファブリス・ジロットさんのところかな~。そいえばドバイのチョコやさんのブースも人がいっぱいでした。(後で、と思っていたのに忘れて帰ってきちゃった ^^;)
今日はショコラティエの方々もどわ~っといらっしゃって購入者にサインをしてくれたり、会場内をウロウロしてたり。取材のテレビカメラもいっぱい入ってました。
で、今チラシを見返してみたら今日限定のショコラショー(チョコの飲み物)なんて~のがあったのか!ぬかってました。フロアマップすらざらっと見ただけだもんな~>チラシ

本ちゃんは2010.01.27(水)~02.01(月)まで。
とらチョコのところ(パティスリー ル・ポミエ)の"とらエクレア" 今日は見送っちゃったけど次に行けたら連れ帰ってこなくっちゃ。(->で、食う ^^;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Fountains of Wayne @渋谷クラブクアトロ(2010/01/20)

"FULL BAND PERFORMANCEによるアコースティック・ライブ"という話だったので"それっていったい何なん?"とあまり期待をせずに行ったのですが、なんか良かった~

構成はなんのことは無いG2本がアコギになってただけ。
アダムは通常のベース。ブライアンのドラムセットはどうなんだろ? あと、ピアノ(アダム担当)があったっけ。
アレンジもそーんなに普通のパターンとの違和感は無かったと思う。

全体的にはなんとなーく緩い空気で進んでいたんだけど、それが嫌な感じではなく。"いーじゃんこうゆうのも"といった感じ。
2本のGの音がつぶれずに聞こえたのも良かったな。

っと、今はとりあえずここまでで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

RODRIGO Y GABRIELA @ オーチャードホール(2010/01/18)

今年初ライブはロドガブ。
しかも当てたチケットで。"11:11"のチケットプレゼントです。ありがとう>ソニーさま。(でいいんだよね、日本の発売元)
春から縁起がいいっす。ほんと。
#↑実際にはチケットが届いた年末からですね(^^)v

で、オーチャード。私のイメージでは "かな~りスカしたホール" でして。
そこでロドガブ、いったいどうなるんだ?
というのが行くまでの正直なところでした。
けど、見事もっていきましたね~。
すごいわ。
初来の時は結構カバーの元歌に頼ってる面もあるなぁと思ったけど、今回はそれがあくまでもちょっとしたエッセンス的な感じになってし。

あ、そうそう。
今回はステージに椅子は無し!
つまり、初めっから立ってギターを弾いてました。で、場合によってはステージ上にある箱(っつーかなんつーか)に座る っと。個人的にはこの変化は大きいと思う。ライブハウスなら椅子に座っていてもお客さんの反応はOKだと思うけど、オーチャードみたいなホールだとそれでは"ライブ"ではなくて"リサイタル"的なものになってしまいそうで。実は今回チケットを「買う」のを躊躇した原因の1つはコレだったりして。
ガブリエッラのあおり(相変わらずかわいい)なども有り1Fの通路前のブロックはかなりの人が数曲目で椅子から立ってたと思う。

そいえば今回はロドリーゴもMCで日本語頑張ってましたね。
ニューヒーローが朝青龍っつーのはどうかと思うが。

以上、とりあえずのご報告。
※曲目その他はそのうちどこかで拾ってきま~す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キティちゃんのお守り

今年はめずらしく旧暦の正月になる前に初詣に行く事ができました。
#三が日はおろか松の内にも間に合ってないので正式には初詣ではないのかもしれない。

初詣って本来は家のご近所に行くもんだと思ってますが、うちの実家は高度成長期のど新興住宅地にある為氏神さまや鎮守さまなどは無い(=地域のお祭りも無い)のでお参りは白山さまへ。
お正月に行ったのは久々だなぁ。
なのに、お炊き上げをやってなくてがっかり。
あの細い笹?竹?にスルメをくっつけたヤツって白山神社のお正月の風物詩なのに~。って、買ったことの無いヤツが言うな ってか。
神社のHPを見たら今はかなり日にち限定になっちゃってるんですね>浄火。 寂しいなぁ。それもどうも余計なもん持ってくる阿呆どもがいるせいみたいだし。
それと、拝殿のところのガラガラ(正式には何というのか知らない)に付いてるロープが上にくくられていたのにもがっかり。混雑緩和の為なんでしょうが、あれをガラガラいわせないとなんかお参りした気分にならな~い。

っと、タイトルの件。
あったんですよ、そんなもんが。
確かに白山さまは縁結びのご利益もあるので女の子向けのかわいいものの需要はあるんだろうけど、なんだかみょ~な感じ。ま、重要なのはガワでは無くて中身だからいいのか。でも、いったいいつからあるんだろ?
もっとも"みょ~"さでいえばケロロの方が勝ってましたが(笑) これって世界征服≒繁栄って解釈でOK?

あと、おみくじが何種類もあったのにもびっくり。
普通のヤツ以外に"恋愛"と"こども"とあと1つあった気が。何で~!!!
特にこどもおみくじは意味不明だわ。訳わかんないのを大人に解説してもらったりするのがいいのに。 ...それとも解説できないのか?>今の大人。

ただ、まだ旧暦のお正月になってなかったせいか微妙な違和感が残ってます(苦笑) その頃になったら現住所の方の守り神と思われる神社にでも行ってこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ご当地ヒーロー 新潟版

新潟駅のおみやげ物を売ってる所で見たことが無かったヒーローさん発見。
どうも新潟のご当地ヒーローらしい という事で、戻ってきてから(実家ではダイヤルアップなもんで)検索。

"超耕21ガッター"
http://gatter.jp/index.html

だそうで。
で、ヒーローは置いといて悪役が気になる。
それも戦闘員=モゾコキムシは結構ツボかも(笑)
ただ、親玉はもう一息かな~。

これ、去年の7月から居るみたいなんだけど8月に行った時にはグッズは見なかった気が... 当時は某"愛"の人ばっかりだったような。あとトッキッキ(<-国体のキャラ)か。

ところで、"もぞをこく"って秋田でも言うの? 知らなかった~
"しょったれ"はさすがに新潟限定?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明日は鏡開き

松の内はとっくの昔に過ぎ、明日は成人の日だったりもしますが...

本年もよろしくお願いします~

ようやく今日実家から戻ってきました(^^;)
やっぱりこっちは乾燥がきついです~。
「乾燥肌の解決方法->裏日本に引っ越す」 ってのは正しいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »