« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

Jeff Lang @渋谷クラブクアトロ(2010/02/24)

行ってきました。
かっこよかったよ~ん!!!
#音が(^^;)

会場時間5分前くらいでも会場前にパラパラとしか人がいなかったり、整理番号40番代の私が会場に入った時にステージ最前列にだぁれも居ないとか、フロアに久々にテーブルが出ていたりとか、いろいろと不安になる事はあったけど開演時にはそれなりには埋まっていたみたいだったので一安心。
今日は5時代に山手線がトラブっていたりしたので時間に間に合わなかった人もいるんでしょうね。

去年のフジには行ってないのでDrが増えたライブはお初でしたが、プラスの面ありマイナスの面ありって感じでしょうか。

↑とは特に関係無いけど、個人的には "Newman Town" をやってくれたのが嬉しかったな。これ去年の下北沢ん時にはやってくれなかったんですよね。

以上、とりあえず第一報ということで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フランス代表のおひげ

スノーボードハーフパイプ(バンクーバー・オリンピック)にて。

何だか妙にかわいいんですけど。
滑走前の選手紹介ビデオまでおひげ仕様だったりする人も居るのが笑えます。
あれはいったい何をイメージして描いているのやら?
※見てたらフランス代表でも描いてない方もいらっしゃいますね。

で、どうして日本の人たちってバッラバラな格好してるの?という疑問が。
アメリカの普段X-GAMEに出てるような連中も同じの着てるのに。(アメリカの場合は逆にオリンピックに出るって決めたんなら当たり前か~ イヤなら出ないもんね、きっと)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"ちくわぶ" って

関東の人には人気なのね~

昨日くまの教室での雑談にて。
東京およびその近郊育ちの人たちはほぼみんなが好きとか。そんな中私は"意味が判らない、というか存在自体が良く判らない"と言ってて逆に不思議がられていたような(苦笑)

で、家に帰って相方に好きなおでんネタを確認してみたところ、3つめくらいに出てきた! 
でも、私にはやっぱりアレの存在理由は判りませ~ん。
グルテンものを入れるならちくわぶよりもお麩がいいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SUMIはどこ?

バンクーバー・オリンピックの中継、NHK-BSのスタジオの机の上に縫いぐるみたちが3匹居るのですが、何故かSUMI(緑の洋服を着ている子)が居ません。その代わりに居るのはMUKMUK(マーモット、グランドホッグディのフィルくんはこの仲間です)。
何で?

でも、この応援団キャラ(?)のMukmukを含めて今回のマスコットはここ何回か(夏も入れて)の中では一番かわいいと思う。

<おまけ>
ついにカナダが自国開催のオリンピックで金メダル取りましたね~。めでたい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

ウワサ通り

バンクーバー・オリンピックの最終聖火ランナーはグレツキーさん。
しかし、開会式のアレはセレモニー用で実際のは別のところにあるんですよね。ちょっと不思議な感じ。

開会式ではそれよりもスウェーデンの旗手がどう見てもフォースバーグ(あ、この場合フォシュベリと言った方がいいのか ^^;)だったのにキャイキャイ言ってましたが。なのに放送では名前を言われず。どうせ日本ではアイスホッケーは関係無いけどさ。 録画版ではちゃんとコメントして貰えるんだろうか? ...生のダイジェストだろうから無理だろうなぁ。

パフォーマンスの方の人選は "なるほど~" って感じでした。
ただ日本だと知名度的にどうか?と思う人が多かったかも。 k.d.ラングなんて説明無いと性別すら判らなかったんじゃ?と思ったり(^^;;) 逆を返すと先入観なく音に触れらた って~訳で良かったと思うんですが。
#閉会式には是非某バンドにお出まし頂きたいところですね。

しか~し、長すぎるなぁ>最近の五輪開会式。 
今回は屋内だったんでいつもよりは気楽に見てられたけど、選手とかには負担じゃないのかしら?
個人的にはどうしても必用な部分以外では先住民さんたちのパートと暴れるフィドルの方々のパートがあれば十分だったかな...   すみません、趣味偏ってて。


<補足:02/14>
あの暴れるフィドラーはやっぱりAshley MacIsaacでしたね。
そうだよね?と思いつつもあまりにも腰周りが立派になってしまっていた(し、本人あんまり踊ってなかった)ので↑で名前を挙げるのは控えてました(^^;;)
公式HPによるとタップのいかつい兄さんはBrock Jellison、他のフィドルのみなさんはCalvin Vollrath, André Brunet, Daniel Lapp, Samantha Robichaud, Sierra Noble, April Verchという方々だそうです。
んで、このパートの頭にちらっと映ったハープのお姉さんはLoreena McKennitt。こっちもやっぱりね! です。

ただ、チェコの旗手がヤロミール・ヤーガーだったのに気がつかなかったのはかな~り抜かってた気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でも、試合の方は

後半一発目にまさかの大博打!
かっこい~!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひで~

今年のスーパーボウルのハーフタイムショー

音と絵がずっとずれまくってます。
何年か前のプリンスの時は途中で修正入ってましたが、今年は放置かい? (ずっと繋がってたので難しかったのか?)
再放送の時には普通はフルでは流れないんだけど、これは流しなおしてくれないとダメでしょう。頭の所の音も何だかな~だったし、ほんとひどすぎ。

これはないわ...

| | コメント (1) | トラックバック (0)

予約しちゃった

 >コケロミン
http://www.keromin.com/kokeromin.html

カエル型の楽器ケロミンの廉価バージョン(?)。 造形的にはケロミンには及びませんがちょっと遊んでみるには良いかと。
発売は6月頃らしい。
うちに居る(結婚祝いのお返しで貰った ^^;)ライオンの口パクアニマルと連動させて遊ぶのだ。うへへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここ数日

私にしては珍しくパタパタとしてます。
3日と5日がライブ。アンドリュー・バード@クアトロとデヴェンドラ・バンハート@UNIT。
アンドリューは面白かったというか興味深かったというか、デヴェンドラは予想とは違っていました(意外と情念っぽかったり)が両方とも良かった。
この辺はメモ書きくらいは残したいとは思ってますが、納期が気になるもの(期限ががっちり決まってるオーダー品)があるのでまずはくま作りを優先しないといかん状況。
ただ、まっすぐライブ会場に向かって終わったら即帰ってたというのは何なんだ?>私。特に代官山なんてすっごい久しぶりに行ったのに。(注:昔はくま関係の店があった)
あと、クアトロの1ドリンク込みの時の飲み物はもうちょっと何とかならんのか? ...と。

で、その間の4日にはチョコ売り場めぐり。
またいくつか入手してきました。アホです。
だけど、やっぱり "チョコはグラムでなんぼ" ってのがいいなぁ、とつい思ってしまったりして(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歩いて... 行けない

母から電話で「心配だから、って言っても来られないからね~」と明るく言われました。
確かに、新幹線で新潟駅までたどり着いてもその先がマヒしてたら話になんないや。歩いて行くにはちょっと遠いしなぁ。帰省となると荷物もあるし。

しかし、某単線は止まっても当たり前な気がする(=慣れてる)けど、バスまでダメって~のはかなりの非常事態。予報では明日もまだ降る... とか。
私が向こうに居る間はこーんなひどい状態になった記憶はないぞ~!!!
ほんと、去年の12月からどーなっちゃってるんでしょうね>新潟市のお天気

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この人まで来るのか~

Jools Holland and his Rhythm & Blues Orchestra
ブルーノートで3月だそうで。

見たい気はする(^^;)
もうチケット売ってるんだよなぁ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら、北光社

昨日で新潟・古町の本屋さん、北光社が閉店したそうです。
私自身はお正月にこっちに戻ってくる前に寄ってさよならはしてきましたが、本当にさよならです。

北光社って古町のあの角にあって当然の店(古町に移ってきたのが1898年。ちなみに創業は1820年とか)だったので、次に帰ったときにそれが無い - 建物は判らないけど営業していない - と考えるととてつもなく寂しい。
高校の頃、土曜日には結構学校から古町をが~っと歩いていって萬松堂->北光社のハシゴ, バスに乗る前にツモリレコード(<-とっくの昔に無い)に寄る ってのがコースだったからなぁ。
※注)汽車通学でしたが、土曜日だけは帰る時間に列車が(1時間半も!)無いというすごいダイヤだったのでバス代貰ってました。
この両書店、品揃えの色が違っていて楽しかったんですよね。物量としては万代の紀伊国屋の方が圧倒的だったとは思うけど、歩いて行くには若干遠かったし、行ってもあそこは何か楽しくなかった。

北光社は本の形態(単行本とか文庫本とか)にとらわれず、テーマ別で本がまとめてあるのも面白かったな。
あと、本屋なのに1階の柾谷小路(<-大通りです)に面したところにずーっと窓があるのも良かったんですよね。立ち読みしながら外を通る人が見える。当然その逆もあり。"閉まる"というニュースに対する母の反応は「古町で待ち合わせをする時に困るわ~」ですもん。

長い間ありがとう。お世話になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »