« Suica -> My Suica | トップページ | Zepp東京に行ってきた »

"シャーロック・ホームズ" を見てきた

#マドンナの元婿 ガイ・リッチーが監督した"Sherlock Holmes"(2009)です。

<初めに
私、子供の頃にコナン・ドイルの書いたホームズシリーズは当時出ていた分は多分全部読んでますし、グラナダTV版のシリーズもNHK放送時に可能な限り見たはずですが、決してシャーロッキアンではありません。
なので、詳細な設定などについてはすっからか~んと忘れ去ってる部分が多い。
という事をお断りしておきます。>

で、感想。
こうゆうホームズも有りだと思う。レディースディの料金だったから元が取れておつりがきた感じ。
実はホームズは武術の達人でもあるし、ワトソンも従軍してた経験があるんだし、がんがん戦っちゃうのもおかしくないんですよね。 いろいろ痛そうだったけど。
どっか~んといくのも、娯楽作品だもん OKでしょ。

配役を知った時に "逆じゃね?" と思ってしまったあの配役も -ほんのちょっとした、でも致命的な違和感(後述します)さえ無視すれば- 納得。ロバート・ダウニー・Jrのシャーロックはとてもチャーミング。冷静に考えればすっごいイヤミな性格かつはた迷惑なヤツなのに周りの人たちがそれに振り回されてもイヤとは言えない、ってのはそうゆう事か~ みたいな、ね。 ちょっと老けてね~か?ってのは年齢設定がよく判ってないのでパス(笑)
ジュード・ロウのワトソンはちょいとスカし気味かなぁ? 話の中でちょうど婚約云々言ってるところだからかな? 婚約者とホームズとの板ばさみ状態ですもんね。
しかし、この2人やたら丈夫です。さすがスーパーヒーロー、そうでなくっちゃ(ホントか? ^^;)
敵方に関してはネタバレるんで、とりあえず"うふふ"って感じ。
レストレイド警部は... まぁ、あんなもんか。単発ものになると損な役回りでございますね、彼は。
女性陣は... どうなんだ?
アイリーンって、「ボヘミアの醜聞」の彼女ですよね? そのイメージとは何か違う気もするけど、その辺よく覚えていないんで先入観は無しとして(<-オイオイ)映画のキャラとしては有り。このホームズならこうゆう姐さんに心引かれるかも だし、振り回されてもそれを楽しんでいそう。
メアリーに関しては"ワトソンの嫁ってホームズとは仲が良くなかったよなぁ"程度の記憶しかない(名前すら覚えてなかった。でも、結婚したんでがっかりした記憶はある ^^;;)んですが、このキャラ設定だとホームズに対しても臆することなく接する事ができる訳だし、意外とちゃんと見てるし なので、"だからワトソンが婚約したのね" といった感じは受けたかな。

ところで、前述の「致命的な違和感」ですが
ホームズの背が低いんだよ~っ!!!(泣)
1人で出てきてるところはいいんだけど、ワトソンと並んで銃をぶっ放すところでホームズの方がはるかに背が低いっつ~のはちょっと。 ただ、これは本人の努力で何とかなる部分じゃないからな~。あうあう。

んで、この映画 シリーズ展開可能な作りになっとりま。
時系列的にはどうもこの後のモノになりそうですが...
脇役フェチな私としては是非にーちゃん=マイクロフトにご登場願いたいところ。

そそ、あの挿入歌(?)はダブリナーズの"The Rocky Road To Dublin"という曲らしい。これはおぼえがきまで。
ついでに、あのお巡りさん達の着ていたマント ちょっと欲しいぞ(笑)

|

« Suica -> My Suica | トップページ | Zepp東京に行ってきた »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24270/47835289

この記事へのトラックバック一覧です: "シャーロック・ホームズ" を見てきた:

« Suica -> My Suica | トップページ | Zepp東京に行ってきた »