« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

まさか手に入るとは

CHRIS WHITLEYが関わっていたサントラ "PIGS WILL FLY"
アマゾンなりHMVなりのオンライン上で見かけたら注文はしていたのですがかなかなか手にはいらず。勝手にキャンセルとか。
しか~し、今回は数回の「入荷待ち」を経て忘れた頃にやってきた。注文したのは1月下旬。 ...こんなこともあるんですね。
粘ってみるもんだな~

もっとも音はある方のご好意で随分前に聴いてはいたんですけど(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羽織紐の結び方

東銀座の歌舞伎座の閉館式のニュース。
60年で老朽化って~のはどうなんだろ?とも思うが(でも、もう随分前からそう言われていたっけ)それよりも気になるのがずら~っと並んだ役者さんたちの羽織紐の結び方。
これマックカフェのCMでも気になっておりまして。
一般ピーポーが結ぶアレ(2本一緒にぐるっと結んで房が上になってるやつ)の方の他にちらほらと見られるちょうちょ結び。これって歌舞伎の人たち以外では見た記憶が無い... まぁ、紋付羽織袴を見かけるのは成人式か披露宴くらい、あとは叙勲のニュース映像あたり? そんなもんだからなぁ。

この結び、若手はやってないみたいで有る程度以上の年齢の人がやってるみたい。
昔は一般人でもいろんな結び方があったのかな? 気になる~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うわっ

今日は何故かFEEDERが聴きたくなって"Yesterday..."→"Polythene"と流していたので、ぴ○からのメールを見てそのあまりにもなタイミングに"うそ~ん"と思ったんですが、ホントだったのね。
http://www.smash-jpn.com/band/2010/06_feeder/index.php

でも、FEEDER名義で来るの? RENEGADESじゃなくて?
6末に来るなるとFujiは無いのかな。

しか~し、場所がUNIT! それも1日限り。
チケット取るの大変そうだなぁ。今度決まったらfriends入ってみましょうか?って話もしてたけど、どうしよう。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ルバーブ煮ました

Img_5704w500_2昨日の成果 その1。
ルバーブのジャムです。
160g位のやつ1本分でだいたいこのビンにいっぱいくらいになりました。入らなかった分は味見として消費(*^^*)
少なそうだったから保存云々は考えず、お砂糖はかな~り減らした(35%程度)割には甘めだったので途中でレモン汁を追加。が、それでもやっぱり酸味は弱めな仕上がり。
これはルバーブ自体の個性なのか?
輸入もので作るのも初めてだったし、赤味が強いもの(生の時の写真も撮っておけば良かった)を使うのも初めてだったので判らな~い。
あ、色は外側が赤いヤツ(=今回の)を使った方がきれいですね。緑のだと見た目が "あはは... (^^;)" だもんなぁ。

1本で1瓶ならもう1本買ってくれば良かったかも?
でも、相方は食べないからな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうゆうルートで?

新宿に出る用事があったので、ついでに伊勢丹の「フランス展」へ。
だって、あのイベントって野菜も売ってるんだもん。あの火山灰による航空事情のゴタゴタで果たしてモノは届いているのか興味が~。Viva! 野次馬根性(笑)

結果、ありましたよ>野菜。
「間に合ったんですね~」と言ったら「えぇ、何とか~」だそうで。
シャルルドゴールは比較的早めに規制が外れてましたが、担当の人頑張ったんだろうなぁ。偉いなぁ。

そんな関係者に敬意を表して かどうかは知らんけど、普段は値段見て「高っ...」とつぶやくだけのホワイトアスパラを入手してきました。これから茹でま~す。 ...食べるのは明日かな?
それとルバーブもつい買ってしまったので(アレ何故か好きなんです)平行で煮ます(*^^*) わーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつの間に?

新宿三越アルコットのB2にあったマフィナリーズ、今日行ったら無くなっていて別の店になってました。
ヤマダができたせいか久々に日曜に新宿に行ってしまったせいかやたら混んでる気がして疲れっちゃったので、ここのどつっと甘いマフィンでも買って帰ろうと思ったのに...

ここの甘くないマフィン(お食事マフィン)は結構重宝してたのでちと残念。冷凍しといてお昼に食べたり。
元ネタのA.R.I.のは400円Overですが、こっちのは300円代(ともにLサイズ)だったので、味は若干落ちるけど値段が安いから(それでもまだ高いと思うけど ^^;)いいか~ と思ってたんですよね、実は。
三鷹のは残っているようですが、三鷹に行くような用事が無いや。
#マフィナリーズは表参道A.R.I.の森岡さんからレシピの提供を受けて、というのがウリです。

しかし、ここに限らずなんでお店のHPに"いついつにどこの店を閉めました" とかいったインフォを載せないんだろ?
そりゃイメージは悪いかもしれないけど、そうゆう情報もちゃんと出して欲しいなぁ。でないとなんか気になってしょうがない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感謝

こ~んな私でも気にしてくれている方々が居るという事に感謝。
ありがとうございます。

今朝の雪も考えようによっては有る意味1年のスタートとしてはちょっといいかも? って感じですか。

しかし、娘の年くらい把握していてくれ。で、サバ読むくらいのことをしてくれる配慮が欲しいぞ>父。 まぁ、あの父にそれを期待するのが間違ってるんですが。
ただ、今年は冗談抜きで"数え"でいこうか と思ってた所だったのでそのタイミングにちょっと笑った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Jeff Beck @ 東京国際フォーラム・ホールA (2010/04/13)

すみませんでした!>Beckさま

ですね。今回は。
あーんなに新譜優先のセットになってるなんて思ってもみなかったもので(汗)
Drがナーラダ・マイケル・ウォルデンだって話だったんで、勝手に"Wired"あたりのをメインでやるんかしら? と思い込み、かつ無気力の波にのまれて新譜の購入のタイミングを誤り、結局新譜からの曲を一切聞かずに行ったのでした。
でもさ~、4月に入って"とりあえずライブ前には買わなきゃ"と思った所で(<-このタイミングが遅すぎるのだけど)DVD付きのが後から出るってニュースが流れてきたんじゃぁ考えるでしょ。あれが全てフィギュア付きだったらまた別の話ですが。(でもそのサイズに合わせてくま作ったらかわいいかも... と思ったり ^^;)
ここん所の来日のセットがずっとベスト的な感じだったのも悪かったし。
 ...何言い訳しても状況は同じですが。

新譜以外の曲も割と最近のもの -"Who Else!"からが多かった模様- からのピックが多数。
いわゆる「ベテランの人」にしては思い切った事やるなぁ~
って、そこがベックさまのベックさまたる所なのかもしれません(笑)

そら、あの曲やらこの曲やら(<-好きな曲目を入れましょう ^^;)が聴けなかったというのは残念でしたが、これはこれで新鮮。おまけにBassのロンダさんがVoをとる曲も数曲。これも予想外でした。
あ、このロンダさん うっわぁ~かっこいい!と思ったらプリンスのバンドにずっと居たような人なんですか? 納得。言われて見ればそっち系のかっこ良さですね。後を向いたら背中(腰側)開いてるし。足元が見えたらガッとピンヒールだったし。
で、ナラダ(ナーラダとどっちが正しいの?) スキンヘッドに豆絞りっぽい細い鉢巻き。意外と温和そうな顔つきというのもあって、どこかの居酒屋とか焼鳥やとかたこ焼きやとかのおっちゃんみたい。でしたが、音はどっかんどっかんと。バスドラ2つだし。 でも、あんなに巨大だったっけ?>腹回り
そいえば、1曲目終わった所でスティックを放り上げて一旦Drセットから離れてみたりしてましたね。
もう1人 Keyのお兄さん(アンコールの1曲目だけG弾いとりました)は... 彼だけは前のバンドから継続らしいけど私の席からBeckさまを中心に見てたら視界から外れてる事が多かったのでよ~判りません。ナラダさんのドラムと遊んだりしてましたが、地味にお仕事してたって事かなぁ。

そえいばBeckさまはアンコールの1曲目のみレスポール、あとテレキャスみたいなのを1曲のみで使ってて後は数本の白のストラト。
やはりこの人の出す音って独特ですねぇ。

しかし、東京国際フォーラム・ホールA
座ってると結構見やすいんだけど、立ち上がるとやっぱダメ。
アンコールの時は前のおっさんの頭でかなりの部分が遮られたっす。ぐすん。 ...このおっさん本編の途中寝てた(としか思えない頭の角度だった)のに。
一応一桁台の列でこれですから。後ろの方が傾斜がちゃんと入っているので見やすかった気がしますが、こっちは遠い。もっともJeff Beckの客層だと男が多いのでどこの席でもきつかったかも。
音は良かったんですけどね。

そいで、うちに帰ったらNews Zer*でベックさま。
昨日も別の番組でインタビューが流れてみたり。いったいどうしちゃったんでしょ?

ところで、明日まで@ロニースコッツをシネコンなんかでやってるみたい。
これって何かなつかしのフィルムコンサートみたいですね。
これだと今回聴けなかったあの曲もやってるんだよなぁ。それに去年のは行ってないのでタルちゃんも見て無いし(^^;)
ただ料金が\2,500
それならDVD買ったほうがいいんじゃないか?と思ってしまうあたりが嫌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうでもいいけど

寒い!
関東で4月の半ばにダウン着て違和感無し、って何か違わない?

ただ、ヒーターのスチーム部分の水抜き(乾燥)が出来たのは良かった(最近水を追加していた阿呆が居たもんで ^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOO FAST TO LIVE TOO YOUNG TO DIE

ま、後半はTOO OLD TO DIE YOUNGかもしれん。
#個人的にせいぜい40代(前半?)までと思ってます>"早世"扱い

数日前にマルコム・マクラーレンが亡くなったとのニュース。
某全国紙にまで訃報が出ていたのには単純に"すげぇ..."と。
昔のパートナー、今やデイムなあの方ならもっと大きな記事になるんでしょうけど、このいーかげんそうでへぼへぼな実際は何やってんだかよく判らない(<-左3つ全て褒めてます)おっさんが だもの。

私はピストルズには嵌らなかった人間、というよりもいわゆる英国のオリジナルパンクは当時苦手(※)だったのでそうゆう関係でどうこういった感情はまるで無し。
※親の職業上"アナーキー"じゃ私の生活成り立たんというのがはっきりと判る年だったというのが大きいと思われる。
今みたいに気になったら即音がNetでチェックできるような時代だったらまた違ったのかもね。怪しげな情報ばかり(しかも紙媒体なので時差大)で、実際に音を聴くことができたのは随分後だった覚えが。マトモに聞けるラジオはNHK-FMだけだったからなぁ。
地方都市ののほっとした子供には遠い話でござんした。 ただ、あのみょ~な胡散臭さとレコジャケのかっこよさはインパクトあったなぁ って感じです>Sex Pistols

もっとも、その後の海賊もの(ADAM & THE ANTS)とかジャングルビート(BOW WOW WOW)とかでは、その胡散臭さやはったり感を結構楽しませて貰った... かも(笑)

それはともかく、"おっさんがまた何かかましてるらしい"といったネタが今後もう流れてこないのかと思うとちょっとつまらない。
よく出来た虚構、それも結構! なのですよ。


<余談>
これを書くのにWikiを見てたら、彼が亡くなったのはヴィヴアン・ウエストウッドの誕生日?!
もう、最期までこんなネタかましてくれるなんて!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"Living in a Dream" / Arcangels

Bobさんのライブに行って"そいえばチャーリーって今いくつなんだっけ?"と検索してみて驚いたのがコレ。
アークエンジェルスの復活。
っと、2005に1回復活していて去年再復活というのが正しいのかな?
活動当時(アルバムは'92とか)は私がこっちのモードでは無かったので(笑)"悪くは無さそうだけど... "だったんですが"今ならいいかも?"と。
復活第一弾(というかどっちかというと予告だなぁ)がこのライブ盤。
私は本当はライブ盤は好きではない(ライブって音だけじゃ~無いでしょ)のだけど、これはCDだけじゃなくてDVDも付いているというのがポイント。このDVDおまけの新録以外のCD収録分は全て入ってるんじゃ? 1つのライブでのものではなくて複数のものの編集みたいだけど見ごたえあります。 ...おかげでまだCDの方は聴く気にならず(苦笑)
ちなみに本編じゃない部分に別の曲も入っていたりするのも侮れなかったり。

この盤、某H○○でも買えますが笑っちゃうくらいのすっげ~価格。
公式HPからだと$25+送料($9でした)で入手可だったので、気になる場合はこっちがお薦め。1週間くらいで届きました。

ただこのライブ"at Stubbs Amphitheater in Austin, TX "って~表記はあるんだけど収録年月日がよ~判らんというのがちょっと微妙かな。(2005らしい)

ところでこのバンド、名前の表記がいい加減すぎ~
CDジャケにはArcangelsとあるのにDVDのクレジット部分はTHE ARC ANGELSになってます。WikiではArc Angelsだし、オフィシャルHPではARC Angels。 いわれを読むとARC Angelsなんだとは思うけど、どーでもいいっちゅ~事ですね、名前なんぞ。

そそ、冒頭の話 '68生まれとか>Charlie
ちなみにDoyle IIも同い年らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

物欲は復活

もはや毎年恒例な3月末~4月頭(≒関東での桜のシーズン)の原因不明の不調だったり無気力感だったりですが、ソメイヨシノの散り始めとほぼ同じくして解消のきざしがみえてきました。

ただ... なんでここ(=物欲)から復活するかなぁ という気はしなくはないけど(苦笑)
ちょうどイロイロと限界に近づいていたヤツがあったりしたうえ、誕生月サービスやらに踊ったりできるというのが引き金なってるのかもしれません。
が、余計なものに目が行くし。で、買ってるし。ついでにまだ欲しいものがあるし。
連鎖というかなんというか。(<-直接の関連が無いものが多いので飛び火だと思う)

そんな所に例のSTAR WARSなUSBメモリの新シリーズが。
前に「ストームトルーパーさんかも~ん!」とか言ってたら本当に復活してしまった(汗) それも元祖(New Hope)のルークとハン・ソロのパターンで。しかもこれが選べないときた。(50%の確立でどっちか)
今回はR2-D2も復活だしJAWAもかわいいし、困る。USBなんぞ何に使うんじゃ~!な生活なのに。
http://www.mimoco.com/shop/star-wars

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"THE DEMON BIBLE"

こないだ行ったMatthew Sweet & Susanna Hoffsのライブ(2010/04/03,1st Show)でも聴く事ができた "(What's So Funny 'Bout) Peace, Love And Understanding?"
そこでマシューさんが確か"I Love Nick Lowe"と言っておりまして。
となると「彼らのバージョンはニック・ロウのを元ネタにしてるんかいな?」というのが気になる。う~。

んな訳でまずはベスト盤"Quiet Please..."でチェックしたら... Brinsley Schwarzのなのか、これに入ってるのは(聴いてなかったし>このCD ^^;)
しょうがないのでCDの段ボールの発掘へ。
ニック・ロウのソロバージョンはこのコンピに確実に入ってた記憶があったのですが、よくよく見てみたらこれってシングルのB面扱いでのリリースだったのね(気がついてないし ^^;;) このコンピも今は流通していないみたいなのでソロのは手に入りにくいって事? ライブでの定番曲だと思っていたんでちょっと意外。
でもこのバージョン'94リリースなせいか(それでも16年も前ですが ^^;)最近のしっとり系のに近いなぁ。他にはないのかしら?>Nickバージョン ライブ盤とか? 昔はもっとアップテンポでやってたはずなので。
#'94 "True Love Travels On A Gravel Road"

ま、それはともかくこの"THE DEMON BIBLE"今聴いてもなかなか面白い盤です。
ところで、改めてジャケを見たらこれ"According To TOWER"で"BOOK ONE"って入ってる。って、"TWO"はあったんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »