« "欲望"が人を動かす | トップページ | 物欲は復活 »

"THE DEMON BIBLE"

こないだ行ったMatthew Sweet & Susanna Hoffsのライブ(2010/04/03,1st Show)でも聴く事ができた "(What's So Funny 'Bout) Peace, Love And Understanding?"
そこでマシューさんが確か"I Love Nick Lowe"と言っておりまして。
となると「彼らのバージョンはニック・ロウのを元ネタにしてるんかいな?」というのが気になる。う~。

んな訳でまずはベスト盤"Quiet Please..."でチェックしたら... Brinsley Schwarzのなのか、これに入ってるのは(聴いてなかったし>このCD ^^;)
しょうがないのでCDの段ボールの発掘へ。
ニック・ロウのソロバージョンはこのコンピに確実に入ってた記憶があったのですが、よくよく見てみたらこれってシングルのB面扱いでのリリースだったのね(気がついてないし ^^;;) このコンピも今は流通していないみたいなのでソロのは手に入りにくいって事? ライブでの定番曲だと思っていたんでちょっと意外。
でもこのバージョン'94リリースなせいか(それでも16年も前ですが ^^;)最近のしっとり系のに近いなぁ。他にはないのかしら?>Nickバージョン ライブ盤とか? 昔はもっとアップテンポでやってたはずなので。
#'94 "True Love Travels On A Gravel Road"

ま、それはともかくこの"THE DEMON BIBLE"今聴いてもなかなか面白い盤です。
ところで、改めてジャケを見たらこれ"According To TOWER"で"BOOK ONE"って入ってる。って、"TWO"はあったんだろうか?

|

« "欲望"が人を動かす | トップページ | 物欲は復活 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/24270/48014869

この記事へのトラックバック一覧です: "THE DEMON BIBLE":

« "欲望"が人を動かす | トップページ | 物欲は復活 »