« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

1粒/日

Img_6030w300_3サロン・デュ・ショコラのプレオープン日に入手してきたユーゴ&ヴィクトールのショコラ・カルネ。毎日1粒ずつ食べていたら今日が最後の1粒。

これの12粒入り、来年の父(というか両親)への義理チョコの最有力候補に決定。
ただ、今年のものは入ってるチョコの種類が判らない(種類を書いた紙が入っていない)という欠点があるので、それは何とかして欲しいかな。自分で食べるんなら問題は無いけど、プレゼントの場合はね。選んで詰めてもらえるならまた別なんだけど。
もっとも、来年も来てくれるかどうかは判らないんですが(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Neal Casal @下北沢La Cana(2011/01/29)

2回公演のうち1st Showに行ってきました。

あ~、やっぱり2ndも見たかったなぁ。
そそ、途中から参加のギタリストさんはScrappy Jud NewcombさんでOK?
存じあげなくて申し訳無いのですが、すっごいいい音だしてました。
でも、マイクがあったのに歌わなかったのは何故? 2ndでは歌ったのかしら?

明日は鎌倉のCafe GOATEEでNeal Casal & Scrappy Jud Newcomb名義で追加がある... のですがチケ完売だそう。
今日聴いた感じでも確かに面白そうだもんねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

andonand渋谷店

1月31日で閉店だそう。
ミスドカード提示で5%オフというのを試してみたかったんだけどな。

もっとも閉まるというのはここだけらしいので他のところに行けばいいんですが、うちから行くとしたら渋谷が一番行きやすかったので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おうちで"イタリアン"

表参道のネスパスにて発見>生めんタイプ「イタリアン」
小国製麺製。よくある生ラーメンの2食パックのようなパッケージですが、見覚えのあるあのフォークのマークがっ! みかづき監修だそう。
ここでも何回か書いてますが、高度成長期以降の新潟市民ならきっと知ってるジャンクフード。パッケージではパスタのように見えますが、実態はぶっとい焼きソバ。それにミート(トマト)ソースが掛かっている,,, という、こうやって言葉で解説するとゲテもの以外のなにものでもありません(笑)
でも、これが学校の文化祭とかで定番で売ってた(お持ち帰り用パック入りで)くらいのモノだったりします。
ちょっと心惹かれましたが、「アレを自分で作る」というのはなんか不思議な気がして止めました。

それより夏になったら"くじら汁"買いに行こう!
夏バテでヘロヘロの時にコレを飲むとちょっと持ち直すので。
これ、塩クジラを買ってきてこっちで作ってもナスが違うせいかダメなんですよね。色がが~っと出てとても食べる気になれないものになっちゃって。色が出なくなるまで煮てるとぐずぐずな感じになるし。
でも、あそこ意外と商品の入れ替え?があるので、夏まであるかちょっと心配。
※くじら汁:ナスとクジラの皮付き脂身のスライスのお味噌汁

<追記>
↑のくじら汁パックを紹介してるページ発見。
http://niigata-ipc.or.jp/ipc/db/pickup/index.php?picCode=254
新潟市南区のまえたという会社が作ってるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SALON DU CHOCOLAT @伊勢丹新宿店に行ってきた

チョコ祭り 始まりました。
が、今年はセレクションBOXに予算をとられる羽目になったんで他にかける予算があまり無い->見てもつまんない という状況。
普通の平たいヤツの1つがカカオ産地別だったのはいいとして、もう1つがLAIT(ミルクチョコレート)のBoxだったのが痛かった。
となるといろんなつくり手の物が入っているのは日本をテーマにしたという"JAPON"が2種類。これが4粒*3段の12個入りなのに1箱\5,250もするという。
で、このセレクションBOX... 買ってはきたけど、やっぱりなんだかな~?
お花見弁当みたいに広がるパッケージは確かに美しいとは思いますが、これって必用? 箱代いくらだよ?って感じ。さらに言っちゃうと食べ終わった空き箱をどうしろと? 切手とかこまごまとしたものを入れておくには良さそうですが、う~みゅ。
お使い物にするには良いのかも知れないけど、私のように自分で食べるものにとっては普通の平たい箱で充分です。
ついでに言うとおまけで貰えるカレンダーも要らないぞ。

とか言いながら、Hugo & Victorは本(手帳?)みたいなパッケージに釣られて、珍しく"並んで"買ったんですが(<-普通はやらん)
まぁ、事前に送られてきていた小冊子のTopに取り上げられていて、かつ初出展だったので並ぶのは覚悟はしてましたけど。また別の日に午前中から出るのも面倒だったし。残っていた1種類がちょうど買おうかな?と思っていたものだったので良かった(笑)

あとはオランジェットを探して~のついでにオブジェをちらっと見て って感じ。
ほんと気合い入ってないなぁ。

本編は明日から。
今日お昼頃には売り切れでケース内がすっからか~んだったB de Lyonさんも明日はまた商品が入るそうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こっそりと

去年のライブがらみのネタを別サイト("Room...")にアップしました。
見たライブの一覧とその中で印象に残ってるものをいくつかピックしたものです。
ついでにすっかり忘れていた2009年分の一覧なんかもアップました。

って、お知らせだけではなんですので。
"印象に残っているライブ"はこんな感じです。

02.03 Andrew Bird
03.24 BOB DYLAN AND HIS BAND
04.13 JEFF BECK
06.11 パット・メセニー《オーケストリオン》
06.29 FEEDER("RENEGADES")
07.28 THEM CROOKED VULTURES
12.02 Ginger
12.03 TOM VERLAINE with JIMMY RIP

あっちはアホなコメント付きとなっております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦手ですが

ビルボードライブ東京のチケ(?)を押さえました。エドウィン・コリンズです。
祝復活ですもん。
ライブ活動を再開したとはいっても日本まで来るなんて思ってませんでしたから。
もう居心地が悪いとか何とかは我慢します。(1st Showしか押さえてないけど)

で、ついでに他のところのサイトを見てみたら
ロバート・ランドルフの日程が出てました。
...ブルー・ノート東京。彼らだったら踊れるスペースがある所の方が良かったなぁ。
4/28~5/2 って、連休中?
誰か行かん?
それよりも新しいアルバム買うのが先か! 出てるの知らなかった~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"矢切の渡し"を歌うジム・オルーク

Takaさんのツイッターにあったので。

この前の日曜日、たまたま早く起きちゃってぼ~っとしながら「まだ戦隊ヒーロー物すら始まって無いし...」、「見るもんないじゃん」と番組表ジプシーをしていて目に入ってきたのが"ジム・オルーク"という文字。
"新 平成歌謡塾"って?
と思いつつも選択してみたら、すっごい緊張・恐縮感にあふれた感じで歌ってました。

やっぱりアレは夢じゃなかったんだなぁ...

そんなこんなで、番組のHP
http://www.columbia-songs.co.jp/heisei/
ジム・オルークさんは特別レッスン生だったのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコの季節到来

...うちは一年中ですが(笑)
でも、高級チョコを買いあさるのは伊勢丹のサロン・デュ・ショコラ~バレンタイン商戦の頃。

来週(26日‐Iカード持ちは25日)からサロン... ですよ。
もう1週間ありません。
その上、今日からネットでの先行販売ときたもんだ。
現場で発送を頼んでもいいんですが、なんやかんや面倒くさいのでこのところ父へのチョコはネットで注文しています。なので、今日もスタンバイ。
ついでに、自分ちの分もいくつか頼んじゃった(苦笑) これでサロン... で買ったのを食い尽くした(?)頃にまた届くぜ~い。

ところで、コンパーティスショコラティエ(チョコラティエ?)が渋谷西武に入ったんですね~
ここ、チョコなのにドクロな模様が入っていたりでちょっと面白いんです。中身も妙なのあるし(でも確かおいしかった)
これでバラ売りで買えるのかな?
だったら嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Glenn Tilbrook @ 吉祥寺STAR PINE'S CAFE (2011/01/15)

ちゃんとしたレポじゃ無くて、ちょっとしたメモで。

東京2日目、中日。
いちおう東京分で私がチケット取ったのはこの日のみ。

私はSQUEEZE周りはかなり抜けがある上、アナログしか持ってない(=今聴けない!)ものもあるし、Glennのソロはカバーも多いのでひたすら場を楽しみに行っております。あのライブ、付け焼刃の予習なんて無理だもん。
Glennの場合は熱心なファンの方々がいらっしゃるので、ちょっと探せばセットリストも判るし。

そんな感じで、早速この日のセットを拾ってきてちょいちょいと収録アルバムの付き合わせ。
当日も家に帰ってからまた"あ~、あれもこれもやってないし!"状態だったんですが、リストを見てもやっぱりそう思う。まぁ、キャリアが長くて持ち歌が多い場合はだいたいそうなんですけど。
そしたら、やっぱりFluffers名義のものからのが多かった。そうじゃないか?とは思ってた(->聴いていかなかったのを反省した)けど、特に第1部。3/12。良く考えてみたらDr.のSimon Hansonさんはこっちのメンバーでもあったのよね。
あと、それぞれ1曲目が"Sweets From A Stranger"からだった。これは意図してなのか偶然なのか -なんせ事前にセットリストを決めないという話なので- 判らんけれど。
そそ、第1部は頭2曲のみグレン1人。それでGはずっと6弦のアコースティックのみ。
第2部は前半が12弦のアコで後半エレ。頭の”Black Coffee In Bed"はプラグオフ!
サイモンさんもタイコ1こ外して2人で客席へ。サイモンは上の階まで行ってました。(頭の上からタイコの音が聞こえるのって変な感じ ^^;)

そそ、今回2人とも手元におもちゃ(iPadかな?)を置いてあって、曲間にやたらそれで遊んでましたね。もうしつこいくらい(^^;;)
実際にどれだけ演奏に関係したことに使っていたのかは謎でしたが。
...使ってたみたいだけど。 って、"GOODBYE GIRL"で使ってたやん! アンコ2回目の時にはジャスティン・ティンバーレイク+マイケル・ジャクソンが踊ってたし。
あと、"Space Oddity"
ボウイさんのです。3回目!のアンコールで。
これ、頭でちょっとずっこけた("10..."というのを入れようと思ったのはサイモン、グッジョブ!だったんだけどねぇ ^^;)のでお笑いモードで始まっちゃったんだけど、何か良かった。途中でギター(アコギ)のネックをマイクスタンドにこすり付けてみたり。こちら(客)もちゃんと途中で手を2拍叩いていたり。 ...この曲を聴けたのがこの日最大の収穫だったかも知れない。
でも、いったいどうゆういきさつでやろうと思ったのか聞いてみたい気がしてなりません。
あ、カバー曲つながりで。セットリストを探すのでいくつかのブログを見させていただいたんだけど、"I Hear You Knocking"がDave Edmundsのカバーっつーことになっててびっくり。あれはもっと古い曲のはず。いちおUK No.1らしいんで有名っちゃ有名なのか。

で、当然複数曲やってるアルバムがあれば全くやってないアルバムもある。
スクィーズのはしょうがないとしてソロの2枚目からやってなかった... のね。

ほいで、前回('09/07)は後半がバンド構成でしたが、Drが入るだけ(+おもちゃ)で随分バンドっぽい感じになるものだなぁ... と。
いやぁ、"Up The Junction"の入りの所のDrで"おぉ..."ってなっちゃったんですよ。アレ勝手に頭の中でギターの胴をポコポコやる風になってて。 ...変な所でちょっとしたサプライズ(笑)
ただ、リズムが強めの音出しになってたみたいだったのが残念だったかな。それでグレンのギターがちょっと埋もれちゃってた感じ。
”SLAP & TICLE”なんかは文句無くかっこ良かったけど。

何か収集が付かなくなってきたので、この辺で。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

FM KENTOでのインタビュー

先週末のGingerのアレ、放送ではやらなかった(と思う)後半部分を含めたものの文字化版がサイトにアップされた模様。
http://www.sidemilitia.com/ginger.html

それにしても、何で新潟のラジオ局だったんだろう? やっぱり判らない。
今回は放送もネット経由で聞くことができたけど、新潟のFM局の放送を関東で聞くなんて昔だったら考えられない事だよなぁ。(その昔AMでしたが逆パターンで苦労しました)
ありがとう、サイマルラジオ(http://www.simulradio.jp/index.html)
うちの環境その他のせいか、かなりブチブチ入ってたのでインタビューじゃなくて曲が流れてる部分はちょっとしんどかったけどね。

し、しかし
FM KENTOのHPのプレゼントページ... ある意味見事!
いっそのこと全部リフト券だったら最高だったのにな~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くま=リラックマ?

ミスドのエンゼルテディパン。
こないだ駅かなんかでこれを説明するのに「ドーナッツがリラックマの顔になってるの」って説明をしているのが耳に入ってきたんですが、これリラックマじゃないよね。
前にどこかのコンビニでくまの顔の中華まんが出ていた時にも「リラックマの肉まん食べた~」っていうのを耳にした覚えも。
ミスドの方は鼻の周りが白かったりするので似たタイプだと思うけど、中華まんの方はま~ったく似てなかったのに! なぜそうなる?

 ...くま者では無い人にとってはそんなもん?

ちょっと寂しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"gorgeous"って

今日のグレン・ティルブルックのライブにて。
最後に"gorgeous audience"って言っておりまして。
バリバリの日本人の私としては何だか微妙な違和感も。"ご~じゃす"っていうとどうも「豪華な」とか「豪奢な」イメージが付いてくる。って、調べたらちゃっかり「見事な, すてきな, すばらしい」というのがあるんですね。なるほど、派手方面に限定しなくていいのか~
しかし、ライブのこういったシチュエーションでこの単語が出てきたのに私は初めて当たったような気がする。

で、その前のアンコールで引っ込む時は "lovely audience"(こっちはお馴染み) って言ってたんですが、この辺のニュアンスってどんな感じなんでしょう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2k540

タイトルは "ニーケーゴーヨンマル" と読みます。
JR東日本が高架下の有効活用で(?)もの作りをテーマにした施設(違うかも ^^;)
工房兼店舗が -判りにくく- 並んでました(笑)
うち帰ってきてここのHPを見たら "そんなん見かけてない!" ってところがいくつかあったし、私がここに行くことにした所も道路側からは "入口どこですか?" 状態だったんだも~ん。
それぞれの区画はなかなか面白そうでしたが、中で何か作業をしてる感じがあるとちょっと入り難い雰囲気もあったり。
行く前にマップ見ておけば良かった。

アクセスも公式にも御徒町からの方が近いことになってるけど、どうなんだろ? 秋葉原側の端の方が"ココに何かある"と判りやすいと思うし、こっちは秋葉原の方が近そうな気がするし。

で、何しに行ったか?というとHIROCOLEDGEさんの手ぬぐい(難有り品)のセール。
私は額装して飾るって訳ではなくて実用品として使ってるので、多少の滲みとか染料の跳ねとかはOK。それも、そんなに気にならないレベルだったし。色の滲みは具合によっては「味」ですしね。
ガンガン使おう。
#ここの複数色使ったものは私の手ぬぐいに対する予算をOverしてるのです。

し、しかし、今日は本当は西美にデューラー見に行くつもりだったんだよなぁ。
そのついでにここに寄ってみようと思ってたんだよなぁ。
なのに、眼鏡忘れるなんて!(遠くからなら乱視、寄ると老眼... ったく不便だ~) それを電車に乗ってから気づくなんて!! 日曜までだからもう1回行く気になるかどうか?(<-ならんと思う)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ん、この曲は?

昨日のMystery Jetsの客入れ時および客出し時に聞き覚えのある曲が流れていて、つい懐かしさに浸ってしまったのですがちゃんと確認するのは -私が持ってるこの映画のソフトはLD(まだ引越し荷物の中)なので- 面倒だなぁ... と。 でも、ネットを使ったら即問題解決。

結論としては、やっぱりその通り "The Lost Boys" で流れていた曲でした。
タイトルは"Cry Little Sister"(歌詞で繰り返すので判りやすい)
さっそくYouTubeで確認。ん~、便利。
ただ、昨日聞いたのは何となく声が違う気がしなくもなく... そしたら"The Lost Boys 2"(そんなんあったのか!)で別の方のカバーが使われている模様。こっちも聞いてみたけど、こっちはコーラスがちゃうなぁ。
 ...やっぱりオリジの方だったか。(会場BGMの音量が低めだったので確信が持てない)

この映画すっげ~B級だとは思うんだけど、妙に好きなんですよね。
公開当時映画館で見てたりするし。
キーファー・サザーランドの体形はどう見たってヴァンパイアじゃないけど、でもなんだかかっこいい(笑) 80年代のヴァンパイアならああいったスタイルは有りだと思う。主役(と思われるヤツ=マイケル)の印象の薄さはアレだけど。

しかし、この曲って結構カバーされてるのね。知らんかった...
そんなんで、いろいろ聞いてたら映画 見たくなっちゃった(自爆)
しゃあないから段ボール開けますか? でもプレイヤーは大丈夫なんだろうか?(<-もう何年も使ってない)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Mystery Jets @渋谷クラブクアトロ (2011/01/11)

この為に昨日帰ってきたのか... と言われてもしょうがない日程ですが、行ってきました。

やっぱりいいなぁ、楽しいなぁ。
です。

この子達前からかなりこなれたことやってた訳ですが、前に見た時(初来)に比べて何かバンドっぽくなった。
それなりに年齢を重ねたルックスにはなっちまいましたが、そりゃ元がまだコドモから抜けきってない頃だったはずなのでしょうがありません。
それでもやっぱりみんな楽しそうで。
いいことじゃ。

今回はセットがほぼ2ndと3rdの曲。
たしかにこの2枚と1stはちょっと違った印象だし、それこそ彼ら1stの曲なんて飽きるほどやってるはずなので、判らなくはないか。
3rd(<-好盤!)の曲はライブ映えしてたしね。
#そういえば、アンコール前の"Zoo Time" コールも無かったなぁ。

しかし、ヘンリー父さんが出てこなかったのは "まさか" でした。(ベースのカイくんの立位置の横にもう1本マイクが立ってたようだったので)
ついにメンバーから外れた... のか?
だとしたらちょっと寂しい。
だけど今のパターンの方が収まりが良く見えたのも事実だったり。

あ、今回ついてた前座(ザ・スーザン)も結構面白かった。
けど、初めのうち英語でMCしてたのは気持ち悪かったなぁ。あんたらはいったい誰とコミュニケートしたいんじゃい?! と。日本語が得意じゃない日本人もいるけど... ねぇ。何で海外の方がカタコトでも日本語を話そうとするのか?ってこっちゃい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »