« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

"555%"と"100%"

Gingerの"100%" UKのチャート(BBC Radio1 27 June 2012)で9位だそう。
何か愉快!

リアーナとかコールドプレイより上とかで驚かれているみたいだけど、その辺はもう何十週もチャートにいるんで比較するのもどうかな?とは思いますが。でも、同じ1週目ではThe Offspringより上や。

で、このアルバム元々がPLEDGEな訳で。
いろ~んな要素の絡み合いでのこの結果でしょうけど、"CD売れない"云々言ってる人たちには衝撃だろうなぁ... とも思ったり。
リスナー側としては(奇奇怪怪は抜きで ^^;)ただ愉快! 痛快! とか言ってりゃいいけど。

そのPLEDGE版の "555%" も無事到着(水曜だったかな?)
ガワと中身の接着が若干斜めってるのがアレですが、まぁいいや(笑) ここ数日はちょっと余裕がありそうなので、プレーヤーに乗せよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Hostess Club Weekender(1日目) @恵比寿ガーデンホール (2012.06.23)

くま祭り2週間前の追い込み期間だったのにも係わらず、Mystery Jets見たさで行ってしまいました(汗)
だいぶ経っちゃったのでざらっとラインナップと感想

・exlovers(14:00-14:45)
すんません、見てません

・CLOUD NORHINGS(15:15-16:00位)
ロッカーに荷物預けに行ってたら始まってました。あはは。
え゛、この人たちってライブはこうなんですか?
このバンド名だし、新譜はあんなジャケだし、もっとうすぼんやりした音(<-どんなだよ? ^^;)を出す人たちかと。ちゃらっと試聴した印象もそうだったんだけど... ライブはなんか"熱血"だった。Voのメガネくんもしおから声で結構シャウト。わ~っと演奏してる時にフロントの3人が後ろ向いちゃうのには苦笑でしたが。1曲が長いし。でも、面白かった。
ただ、照明がうるさ過ぎた。使えるスポットの制限があったとは思うけど、ストロボ使いすぎ。安直。それで脱落しそうになるのもどうかと思うけど(苦笑)
タイムテーブルでは終演予定が16:15に修正入ってましたが、結局訂正前の時間で終わっちゃいましたね。

・GAZ COOMBES(16:45-17:30)
オトナになったな~
基本ソロの曲でのセットだったんじゃないか?と。決して悪くはない。むしろ良いんだろうな。安心して見てられるし。でも、その安定やら落ち着きやらがちょっと寂しい。いつまでも初期のSUPERGRASSの元気でポップなイメージで見てちゃいけないのね。
だけど、もうちょっとしたら昔の無条件で楽しい曲もやって下さい。

・MYATERY JETS(18:15-19:15)
思った以上の人気っぷりが誤算で。
前のギャズがゆったりと見られたので安心してちょびっと前に行ったら押された(汗) そこから脱落するのもちょっと悔しいし、大変そうだったし、まだ耐えられそうだったので"まぁいいか"と。
彼らも新譜中心のセットだったと思う。しかし、古めの曲はほんとやらなくなっちゃったんですね。タイミング的に新譜のプロモってのはあるとは思うけど"Half In Love With Elizabeth"だけだもん、古いの。1stは遠くになっちゃったなぁ。 
でも、気になってた新ベースくんもちゃんとコーラスつけてたし、にこやかな子でよかった。
あ、サポートメンバーっていつ増えたんだろ? 去年居たっけ? 記憶が~

・THE CRIBS(20:00-21:30)
あのMarrさんがModest Mouseの次にちょっかい出した加わったバンドだから悪いわきゃ~無い(<-この文の解釈はお好みで ^^;)とは思ってましたが、いまいち縁がなくて。なので、後ろからこそっと見ることに。
でも、出のBGMがKISSの"God Gave Rock n Roll to You"!? OK!(笑)
ほいで、この人たち... 面白すぎ。
日本語MCも頑張ってました。なぜそこでそれを言う?ってのもあったけど("アメノヒハカサヲワスレズニ"だっけ?) 妙なのに何か生真面目な感じもあり。
兄弟3人に戻ったのかと思ったら、サポのGが。あの目立たなさはすごいわ>サポG ここにマーさんが居た頃ってどうだったんだろ? 兄弟のあの(暑苦しさに近い)"熱さ"と何か趣が違う印象があるので、いまいちバランス崩れてたんじゃなかろうか?って気もする。
知ってたのはビデオクリップで見た記憶がある数曲だけでしたが楽しめました。ただ、同時にスルーしてた理由もなんとなーく判った(苦笑)
そいえばトリだったのにアンコールは無し。予定よりも若干早めの終了だったと思うけど、普通のライブでもやらない人達なのかな?

以下、全体に関して
・再入場可だったのがすごくありがたかった。すぐ横に三越もあるので食べ物の選択肢も増えるし、食べる場所も選べる。あのフードエリアだけでは休憩中の人数は裁けないでしょう。階段で食べるとなると若いうちはいいけど年いってるとちょっと困る。
・ガーデンホールって建物内にロッカー無かった? クロークは500円で出し入れ不可。
なので、ガーデンプレイスのロッカー使いました。(おかげでクラウド・ナッシングスの頭を見損ねたんだけど) こちらは6時間で200円。ギリギリで追加料金掛かりました(笑)
・セットチェンジ中はステージ前方に白い幕。そこにビデオを流してたりでホール内で(体育座りなどで)待ってる人達を飽きさせないような努力が。なんせセットチェンジが45分なので。外行かないとヒマすぎ、でも出歩くと体力消耗するもんね。
スタッフさんもわさわさやってるのが見えなくて多分やりやすいと思う。
・ふぁっしょなぼ~な人が意外と居てびっくり。
そのヒールや高下駄(のような厚底)で1日スタンディングっすか? ってお嬢さんもちらほら。ミニスカの子にはマジっすか?って感じ。 ばばぁならではの感想ですね(笑)
・フードエリアが1箇所なせいかアーティストさんたちがその辺でちょろちょろしててやたら近い感じ。サイン会もその辺だし。
・ホール後ろの方に居てもそこそこ見えた。ガーデンホールって見えない、音悪い、とあんまりいい記憶の無いホールだったんだけど。入りの問題のせいなのか、こっちのスタンスが"見えなくても まぁ、いいか"だったせいかは不明。
・場所柄かドリンクチケットで飲めるビールがサッポロ黒ラベルの生だった。

なんやかんやで結構快適に過ごせた気がする。ただ、雨で外に出にくかったらどうか?とは思う。
#でも、次回(11月の予定)は場所がダイバーシティの方のZeppになるとか。

以上。 これ↑の作成は2012.07.12、アップは07.14です。

※RO69に写真入りのレポあり
http://ro69.jp/live/detail/69458
<続き>にセットリスト部分借用。

続きを読む "Hostess Club Weekender(1日目) @恵比寿ガーデンホール (2012.06.23)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隣の暇猫

Takaさんのツイッターにちょろちょろと登場してたお隣の白黒猫さん死んじゃったのか~
なんかかわいくて結構楽しみにしてたんだけどなぁ。

...首の後ろ側が白いみたいなので私の猫パターンでも対応できるかも。
全身の塗り分けは良く判らないところもあるけど(制約があるので)同じに作れるとは思って無いし、はち割れ崩れのものも作ってみたいと思ってたので、今のドタバタ状態が終わったらちょっと検討してみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日は夏至

(ムーミンの)ニョロニョロが舟に乗ってニョロニョロの島に集まる日だそうな。
で、今日が夏至って事は昨日がニョロニョロの種を撒く日? 確か"夏至祭の前日"がその日なので。(年に一度のチャンス!)

でも、ニョロニョロの種ってどこで売ってるんだ?(^^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

"浮世絵猫百景" @太田記念美術館 に行ってきた

前期になんとか滑り込み~
前期の終了まで1週間を切ってるので混んでるかも?と覚悟しつつ会場入りしたのですが、1階部分は大したこと無くて拍子抜け。
後からどんどん増えてきて、自分の好きな塩梅で順番どおりには見られなくはなったけど、それでもお客さんどうしで譲り合いでOKな具合。 ...まずまず。

この1年でどんだけ国芳がらみの特別展があったんやら?なので、いい加減見た覚えのあるモノが多くなっちゃってますがそれでもまだまだ見たことがないものが(<-当たり前)
今回は国芳さんおよびその一門のものを中心ということなので尚更です。が、どの人が一門以外なのやら判っちゃいなくて申し訳無し。
しかし、やはり"これ好き!"って思うものはなぜか国芳さんのものがほとんどなんだよなぁ。直系の芳藤さん、芳虎さんのも"むむっ?"ってくるものがあったし、月岡芳年さんのはちょっと違った感じで"ん?"ってきましたが。
何かが私の"ど"ツボなんでしょうね。
#かと言って国芳さんのものであればいいって訳でもない。

今回は猫をテーマにしてる特別展なので猫だらけ。一見関係なさそうなものもどこかに猫が居ます。あ、例外アリ。国芳さんがポーズをパクったの参考にしたんじゃないか?ってのには猫いなかったっけ。
んで、野晒さんにもまた再会。彼は猫柄の着物なので。わーい!
展示は3フロアー展開ですが、根本的に大きくはないところなのでこじんまりとした感じ。でも、解説読んで確認して~ってやってたら結構時間はかかってました。

そそ、"チリメン本"
皺加工されたような紙に多色刷り版画の挿絵、それに横文字。えらくエキゾチック。そりゃ外国人が土産に買うわ~って品物。って、私も欲しい(笑)
こんなものがあるなんて全く知りませんでした。ついでに"しっぺい太郎"なんて話も知らん~。いったいどこのお話?

「浮世絵猫百景ー国芳一門ネコづくしー」(特別展のページ)
出展リスト

後期は6/30~7/26 2回目は半券を持って行くとリピーター割で100円引きなのがちょっと嬉しい。

<おまけ>
10月には月岡芳年の没後120年記念の特別展があるそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風一過

うちのベランダに異変アリ。

ずっと飼ってる花が(めったに)咲かないラベンダー(通称:モケモケ)の二股になっていた片側がプランターの外に落ちていた。
この枝(つーか幹つーか)根元が外側の皮部分でしか繋がってなさそうだったので変な力がかかったらダメだろうな、とは前々から思ってましたが本当にぽっきりいった感じ。長いことお疲れ様。
それでも残った方は大丈夫そうなので、まだまだ頑張って貰います。 でも、半分になっちゃうと勘違い~な青虫も出てこないんだろうな。そこはちょっと残念。

じゃ、いっそのことベランダ菜園とかやって... みません。
土いじりは嫌いじゃないけど(むしろ好き)、プランターって~のが気に入らんので。この辺粗大ゴミがちっとも"粗大"じゃないからやめた時のプランターの処理も面倒だし。野菜を育てると支柱ですら粗大ゴミになる現実が待ってる。
でもこないだたまたまTVで見かけたクダモノトケイソウ(=パッションフルーツ!)には興味津々だったり。でも栽培に土50ℓ必要だそう(<-無理です ^^;;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

GiNGER WiLDHEART @duo MUSIC EXCHANGE (2012/06/18)

サポートでEXIT_INTERNATIONAL, HAWK EYES付き。

まずはEXIT_INTERNATIONALから。
定刻通りに始まるかと思ったら5分程度遅れての開始。そいえば開演ちょい前にGingerのとこのバンドの兄さん方(Gingerは抜きで)が会場後方をざ~っと横切っていきましたっけ。
EXIT_... 前にちょろっと見たオフィシャルPV?が好みではなかったのでその後ぜんぜーん情報収集をしてなかったんですが、ライブで見る分には面白い。 だいたい構成がB*2+Drのトリオですもん。VoもOKだったし。
音盤を入手したいか?はイマイチ判らんけど、機会があったらライブはまた見たいかな。
19:30頃終了。

セットチェンジが約10分でタイムテーブル通り19:40頃にHAWK EYES。
初めのうちなんかバタバタだなぁ... って印象を受けたけど、まずまず。あ、今現在私がハード系の音は受け付けにくくなっているのでその点でちょっと不利だったかも。
しかし、この人たちってライブ前後の見たつきと出してる音にギャップが... (^^;)
彼らも約30分。最小限のMCでが~っとプレイしてったって印象。

んで、GiNGERの登場は事前に公開されてたタイムテーブルから約5分押しの20:30頃。
ま、そんなもんだとは思ってたけど。というか、フロントにマイクが5本もあるセットって~のが無茶。
という訳で、このバンドドラム以外全員コーラス付けます。曲によって組み合わせはいろいろでしたが。この辺はこだわるなぁ>生姜
そそ、兄さん方は基本上下黒(Drの人は初めから上半身裸だったような?)、コーラスの姉さんは黒のベストに青のミニスカ+黒タイツ。

1曲目は"Another Spinning Fucking Rainbow" で。
このツアー?ではこれが定番みたいですね。ファンク入っててオープニングにはいい感じ。555%(100%)のツアーな訳だしね。
ざっとSetlist.fm見たところそれ以降も曲目はほぼ同じ感じかな。つまりジンジャーのライブではど定番みたいになってるThe WiLDHEARTSの曲はほとんど無し。
これがすっごい面白かった。
#その唯一の(?)ど定番曲"SUCKERPUNCH"にしたってその前の曲("555%"のCD3の曲やん! "100%"には入ってないやん!)とのつながりが良かったんで入れてみました って感じだったし。
おかげで曲を思い出すのにちょい間があったりしたのが悔しかったけど(<-あほ) でもすっからか~んと忘れきってた曲もあったり("THE WILDHEARTS"収録の曲なんて覚えとえらんわぁ 苦笑) このところまったく余裕が無くて"100ぱー"以外はプレイヤーに乗っけてなかったからなぁ... って余裕があっても後回しか(^^;;)>"THE WILDHEARTS"

ソロでのゆる~いライブも私は結構好きだったりしますが、バンドでの(ちゃんと決まりごとがある)ものはやっぱりいいな。願わくばセットリストをいじってこれるくらいまで自由度があがってくると嬉しい のですが。 ...無理?
ただ個人的にはお姉さんは不要なんじゃないか?と。なんかヒマそうなんだもん。あと、ステージ上の見た目がね、兄さん達だけの方がかっこいいと思うので(<-結局これか~い ^^;)

さてさて次はどんなパターンで来るのやら?

今回のバンドの皆さんはこんな感じ(HMVのインタビューから)
デンゼル(Dr)・・・ジンジャー・アンド・ザ・ソニック・サーカスで来日してるそうです
ランダム・ジョン・プール -Jon Poole- (B)・・・おなじみ(^^;)
リッチ・ジョーンズ(G)・・・初来?
クリス -Chris Catalyst- (G)・・・数年前にロボクライストとして来日してるそうです
ビクトリア -Victoria Liedtke- (Cho)


そそ、今日『 COLOUR SCENE 』というイベント(@o-nest)にもバンドで出ることになったそうです>Ginger
...急遽発表だと行けんわ~。
このチラシ 本人たちが出るというのもあってか終演後にサポートで出た2バンドのメンバーが配ってましたね。
それにしても台風 大丈夫なんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ろくじゅうよん!

いやぁ、ぐぐってびっくり ですわ。
グレース・ジョーンズ 1948年5月19日生まれ 64歳 ですって。

それでアレはやっぱり凄い。
あの場に登場したのはジャマイカ系だから なのかな~?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜフラフープ?

エリザベス女王のダイヤモンドジュビリー
そのコンサートの様子がYouTubeにあがってますが、久々に見たよ>グレース・ジョーンズ
相変わらずすっごいスタイルですが、この人って今いくつなんだっけ? 凄いなぁ。 普段はどうゆう活動してるんでしょ?

でも、でも、なぜフラフープ回しながら歌う?(Slave To The Rhythm) 謎。
1曲のあいだ安定して回しきった というのもさりげなく凄い気が...

このコンサート CSのBBCでは放送したのかな? ま、YTでピックして見られるからいいか~
Madnessなんてバッキンガムの屋上でやってますぜ(Our House, It Must Be Love

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »