"DAVID BOWIE is" に行ってきた(2017/01/12)

という事で(1個前の記事参照)、行ってきました。
チケット買わなきゃ動かないなぁ... と思って前売り買って。

思ってた以上に楽しめました。
さすがV&Aでやってただけあって、ボリュームあったしヘッドフォンで音楽や声が流れてくるのも面白い。
タイミングをずらせば展示品の紹介文をちゃんと独り占めできる程度の混み具合だったのでいらつく事も無く快適でした。なんだかんだで3時間以上居た。
あ、これは映像ものにいちいち引っかかってたからからなので、ファンの人はインタビュー映像なんかは見たことあると思うからもっと効率的に見られると思う。 ...逆にもっと時間かかるかもしれないけど。というのもメモとか文章ものが多い。細かく見始めたらいくらでも です。内容もだし筆跡の違いとか。

コスチューム 記憶にあるものと色が違ってるものが結構あってびっくり。
だいたい記憶の方が鮮やか。”Life On Mars"のあの水色のスーツ 現物はもっと微妙な色。 ...あれ照明で飛ばしてるからか?
初期(ごく初期ではなくて)のはウルトラ怪獣みたい。隣にダダが居たっておかしくない。かわいい。
例のユニオンジャックのジャケット(というかコート) 素敵! アレキサンダー・マックイーン... 天才。 写真でも美しいけど、実物はほんとかっこいい。欲しい。いや、まんまアレじゃなくて無地であんな感じのラインで女物が。でも、そうなると別もんか(苦笑) 他にもフロックコート系のものは結構彼が係っていたんですね。かかわった人へのインタビューで彼のインタビューが無いのは惜しいなぁ。
同じく大島渚監督も。「戦場のメリークリスマス」のコーナー 日本Ver.で追加されたと思われるんだけど、昔のインタビューとか無かったのかな?
そいえば”Space Oddity”のコーナーの宇宙からの地球の写真、子供の頃の衝撃を思い出しちゃった。

って、書いてるとまとまらないし、キリないし。

内容なんかは音楽系やらファッション系やらなサイトにいくらでもレポがあると思うので、以下は 私なりのこれから行く人へのメモ でいきます。

寺田倉庫、モノレールの天王洲アイル駅から出る口を間違えなければすぐです。左手側から出ましょう。
私? ちゃっかり逆方向(右手側)に出た。海が近いと呼ばれる(笑) でも、天王洲っぽい風景が見られたからいいの。想定内だし。

グレーのスロープをあがって、入り口入ると正面にエレベーター。
会場は5階ですが、まっすぐ行かずまずトイレに行きましょう。5階には無いようですし、このイベント再入場不可だそうです。トイレは左手すぐのちょっと奥有ります。
#当日券は左手すぐ。グッズ付きチケットのグッズ引き換えの隣(同じテーブル)
ちなみに右手はカフェスペース。その奥がグッズ売り場です。

5階まで上がると
P_20170112_142718w600
そそ、エレベーター降りた正面にほんのちょっとだけロッカーありました!

この奥が入り口。
昔の携帯みたいな個人用プレイヤー+ヘッドフォンを受け取って入場。
展示に応じて音楽やインタビューなんかが聞こえてきます。
これモニターが何台か並んでてビデオクリップを流しているエリアでちょっと混乱してたけど、他はほぼOKだったと思う。友達と行ってもお一人様仕様になっちゃうかな?という気はするけど、入り込む(とか体験するとか)っていう感じはいい。個人的には周りの人の会話が気にならない(というか、会話している人が少ない)のはすごく嬉しい。
会場内は撮影禁止。

展示 上にも書いたけど、ボリュームあります。ペース配分を考えましょう。時間に限りがあったら1回ざーっと見てじっくり見たい所に戻ってもいいんじゃないか?って思う。見た事がある映像は飛ばすとか。ビデオクリップならYouTubeでも見られるし。

そんな感じかな?
あと、ヘッドフォン返した後にも衣装とか写真とかちょろっとある。

そだ、会期中にお誕生日がくる人は是非その日に行きましょう。
LONDONみたいに会期延長してくれないかな~ 10日延びれば誕生日くるぞ>私

おまけ
1Fのカフェスペースで飲み物買うと展覧会のメインイメージ(稲妻ペイントのボウイさん)のコースター貰えます。
グッズの入荷状況はツイッターで確認してください とのこと。2週間単位のTシャツ 今の分売り切れでした。V&Aであった(らしい)着せ替えブックとか見当たらなかったんだけどもともと無いのかな?
え゛! 当日のチケットとりんかい線の駅にあるポスターの写真とで特典(ステッカー)があるって?! 知らなかったよ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

92円の差なのか?

とっとと "DAVID BOWIE is" に行ってしまおう! チケット買うぞ!

と思って、リンクをたどったらチケットぴあの取り扱いでした。
え゛ まさか謎のシステム利用料取られたりしないよね? (<-取られたら当日券と値段が逆転する可能性大)
と思いつつ操作。さすがにそれは無かったけど、チケットの発券料(108円)はしっかりかかるのね。なので、合計2,308円。当日が2,400円だから100円違わない。
×印でいっぱいの日なら迷わずキープですが、この2日の感じだと平日はまだ当日でOKそうなのでちょっと悩む。で、とりあえず保留。
指定時間内に入場できなかったら、無効になってしまうんだろうか?>チケット。(これFAQに書いてあったっけ?)

自分の行動パターンを考えるとちゃんと日時を決めて行動した方がいいのは判ってるけど、なーんか不安。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大妖怪展 土偶から妖怪ウォッチまで

今日から江戸東京博物館で始まってます!
久々に本屋さんに行ったら関連本が出ていてそれで知った。(あと1日早ければ前売り買えたのか T_T)

行く!!!

"百鬼夜行絵巻" 見たい。
でも、8/2からの後期展示か... 夏休み入ると「妖怪ウォッチ」がらみでお子様が来そうだから早めに行こうかと思ったんだけど。
「辟邪絵」(へきじゃえ)というのは知らなかったので、こっちでもいいか。

あ!
スペシャルチケットなんてのがある。http://yo-kai2016.com/ticket.html
7/23(土)17:00~浪曲,落語,講談付き、で、19:30~20:30までの1時間が貸切鑑賞なのかな? \4,500 (446名限定。チケットがまだあるかは不明)
こういうのに参加してみるってのもいいかも。
#但しコンベンション1週間前だから、気持ちに余裕無さそうなので私はパス

--- 参考 ---
江戸東京博物館 1階特別展示室

7/5~8/28
前期:7/5~31, 後期:8/2~28
※前期/後期で一部入れ替え有り http://yo-kai2016.com/image/list.pdf

午前9時30分~午後5時30分
(7月9日・16日・23日の土曜日は午後7時30分まで、7月29日の金曜から、金曜と土曜は午後9時まで)
※入館は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日 (ただし、7月18日、8月8日・15日は開館、7月19日は休館)

江戸東京博物館:
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp/s-exhibition/#anc01
大妖怪展公式:(音声出るかも)
http://yo-kai2016.com/index.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

来年2月

「これぞ暁斎!」
っていう河鍋暁斎の展覧会が渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで予定されているらしい。
2017.2.23~4.16
#鬼が笑う っつーか、鬼だけじゃなくて百鬼夜行図の皆さん踊ってます>チラシ

前売りの発売が12月から
って、コロっと忘れてしまいそうな気配。

気になりつつも去年あった「画鬼・暁斎―KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル」展 に行きそこなったので今度こそ行きたい。
 ...それより暁斎記念美術館行った方が早い?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国芳さんのマスキングテープで

P_20160523_184202_2くにくに展で思わず入手してきた猫髑髏なマスキングテープ。地が黒だし、何に使うかなぁ? と思ってました。
で、私のガラケー... 黒い。色気も無いしそろそろくたびれてきたし貼ってみますか? と。
縁に沿って貼り付けて、余った部分はちゃっちゃっと鋏で切って出来上がり。簡単。
ついでだから、踊る猫又の根付も付けてみた。

どれだけこの状態を保てるかは謎だけど、汚くなってきたらはがすのも簡単だししばらくこれで使ってみよう。(次に貼るならテープの天地を逆にした方がいいかも)
でも、猫又さんはなんかもったいなくてこの写真とってすぐに外しちゃった(苦笑)
使ったほうが良いとは思うんだけど、もうちょっと寝かせておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

待ち時間290分!?

ですって>若冲展@東京都美術館 (今日の11:30)

多めに見積もってるとは思うけどほぼ5時間...
いくら人気とはいえ、異常だと思う。 だって、本ちゃんはそこからな訳で。
それだけ並んでたら会場内も人でいっぱいだろうし、近くで見たかったらぞーろぞろと列に並んでそのスピードで見なくちゃいけない。
考えただけで無理~
こんなに人気になる前(何年か前)に見ておけば良かった(T_T)

阿修羅展の時は前売り限定だったかで時間指定の特別展示が設定されていて、多少マシな状態で見ることができたんだけどああいう試みはまた出来ないのかしら?
あと、こういった特別展は"シルバーデー"の対象から外して欲しい。もともとのチケ代も600円安いんだし>65歳以上。今回は最終日まで1週間のところ(昨日,18日)だったしタイミング悪いわー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞」に行ってきた

連休になる前に! と思って26日(火曜日)に行ってきました。
平日はとりあえず混み具合も◎だったので、スクイーズに行く前にわっと見てしまおうという魂胆だったのですが... 甘かった(苦笑)
混んでるやん!
あれで空いてる部類だったら嫌だ...
たまたま私の前がスタックしがちだったのもあったみたいだけど、見たいものを近くで見たかったら列にくっついでないとダメな感じ。って、何で国芳の武者絵が頭にあるの~ 初めの方は特にみんなまだ元気だからかっとばしたりしないし(泣)
相変わらず野晒さんはいい男だったけど。
※なーんか22日にぶらぶら美術館で特集やっちゃったみたいですね。それと「国芳7日間!」なるキャンペーンにもぶつかってた模様。あーぁ...

そんなんで時間配分が無茶無茶になってしまい(それでも知盛さまはじっくり見る)最後の方は駆け足+とりあえず絵の前が空いてる所を見るというパターンになっちゃったのが本当に残念。
国貞さん すみません(国貞さんのは後半に多いのです)
でも、国貞さんが人気あったのは判る!
なんというか素敵な感じに振ってくれてるんじゃないかな? 要はブロマイド(とかグラビア)的。粗は隠していい部分を強調... 過剰なリアルは必要ない。(国芳のはリアル 女形さんの体型がなんかゴツかったり)
見て”きゃ~○○さまぁ はぁと"的な。モデルになる方も気分良かっただろうな。
それと、あの5枚組みの役者絵~ あれは集めたくなる。
「コレクター心鷲掴み」
だと思う。
素直に"並べて見たい"って気持ちになったもの。
組み物に限らずだけど、国貞さんのは背景とか繊細かつ華やかな感じのものが多くてもっとじっくり見たかった。
#それが版画なんだから、摺り師や彫り師もすごい。

ところで、今回の展示のキャプション 狙いすぎだと思う。
若い人にもとっつきやすくするためかなとは思うけど、漢字に英語訳の振り仮名が付いていたり。そんなんしなくったって脳内変換するわ!というか。髑髏にスカルとか... なんか嫌。個人的な好みですが。
英語の説明文も下にあるから、余計なお世話感たっぷり。
※HPの作品紹介のアレです。今見返してもやっぱり好きじゃないわ~ http://www.ntv.co.jp/kunikuni/works/

しかし、ボストン美術館 いいもん持ってますね。
国芳さんの展示は何回か見させて貰ってますが、ここまで どれもこれも色が揃ってる/並べた時にずれてない というのは無かったかも。色出しもきれいだと思ったし色あせた感じも無かったし、保存状態もいいんでしょうね。海外に流出しちゃってるのは何だかなぁと思うけど、国内にあったとしてここまで大切にしてもらえていたかどうかは疑問。感謝です。
国貞さんのブルーとかほんと綺麗だったなぁ。

で、見るのをかっとばしてもグッズは買う。
再入場不可なのでそこで買わないといけないから、頑張ってその時間は確保した。(<-後から一部は通販で買えるのを発見)
とにかく、がちゃがちゃで踊る猫又を入手しないと!

...あ、あれ 1回目で出た(苦笑)

2回やってダメだったら諦めるつもり(=出ないと思ってた)から拍子抜け。
おかげで気が大きくなったのと、買おうと思ってた手ぬぐいが欠品していてその予算が浮いたので別のを2本とか予定外のマスキングテープとか買っちゃった。
重いので図録はパスしちゃったけど、今更ちょっと後悔。今回のは横に長いのはわーっと開く仕様になってるんですよね。地色がグレーだったんでやめちゃった相馬の古内裏のガイコツTと通販しちゃおうかな? (SOU・SOUコラボの手ぬぐいは青山の店行って買うつもり)
 ...いったいいくらつぎ込むつもりなんだ?>私

もうちょっと空いてるなら -後に予定を入れないで- もう1回見に行きたいけれど、そう思えないあたりが東京での展覧会のつらいところです。
#なお、5/13~19は国貞7日間!だそうで着物を着た人に先着でプレゼント有り らしい。(このネタはHPの下の方のSPECIALのピックアップ情報を見ないと判らん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近くにこないかな?

エドワード・ゴーリーの優雅な秘密展

現在伊丹市美術館で開催中
http://artmuseum-itami.jp/jp/category/exhibition/current_exhibition/

次は福島県立美術館(7~8月)->下関市立美術館(9~10月)の予定で、約2年かけて全国を巡回するとか。

その後の日程はいつ発表になるのやら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新潟でですが

"アート・ミックス・ジャパン"のニュースを見て思い出した

「ビアズリーと日本」展 開催中です
新潟の万代島美術館にて。6月26日(日)まで
http://banbi.pref.niigata.lg.jp/exhibition/open/

この期間中だったら万代橋のところ(バスセンター)から川沿いを歩いていっても途中で後悔しないで済むし。(夏は暑さで、冬は風+寒さで途中で嫌になる。けど、逃げ道無し ^^;)
でも、ちょっと前に2ヶ月連続で帰っちゃったからこの期間中に私が帰るかどうかは微妙かなぁ。終わった直後で"がる~"ってなりそう。
※新潟の後金沢に巡回予定。7末から8月

HP見てたら関連でこんなイベントも!

講演会「ビアズリーの魅力を語る」
講師:魔夜峰央氏(漫画家)
日時:5月28日(土) 14:00-15:00
会場:NICOプラザ会議室(万代島ビル11階) 
聴講無料・申込不要・定員180名(先着順)

ひゃ~っ これ面白そう
#おまけに3ヶ月連続で帰る気になれば引っ掛けられそうな日程だったり(笑)


(参考)
アート・ミックス・ジャパンは5月7,8日(土,日)
http://artmixjapan.com/
ちらしとHPをざっとを見た限りではラ・フォル・ジュルネ(実は新潟でもやってる)を日本ものに振った感じ? な印象。(違ったらごめんなさい)
今年で4回目だそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終わっちゃってた...

太田記念美術館の"国貞展"
昨日国貞さんのパートを結構かっとばしてしまったのでゆっくり見たいなぁ 太田記念行こう!って思ってたんですが。
確かにもう月末だから終わっちゃうよね...

次は広重だって。
んで、サントリー美術館でも広重展。両方とも4/29~で相互割引もあるらしい。
昨日ミッドタウンでサントリーの方のポスターを見たけど、イメージビジュアル サントリーが赤、太田記念が青なのね 美しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)