"DAVID BOWIE is" に行ってきた(2017/01/12)

という事で(1個前の記事参照)、行ってきました。
チケット買わなきゃ動かないなぁ... と思って前売り買って。

思ってた以上に楽しめました。
さすがV&Aでやってただけあって、ボリュームあったしヘッドフォンで音楽や声が流れてくるのも面白い。
タイミングをずらせば展示品の紹介文をちゃんと独り占めできる程度の混み具合だったのでいらつく事も無く快適でした。なんだかんだで3時間以上居た。
あ、これは映像ものにいちいち引っかかってたからからなので、ファンの人はインタビュー映像なんかは見たことあると思うからもっと効率的に見られると思う。 ...逆にもっと時間かかるかもしれないけど。というのもメモとか文章ものが多い。細かく見始めたらいくらでも です。内容もだし筆跡の違いとか。

コスチューム 記憶にあるものと色が違ってるものが結構あってびっくり。
だいたい記憶の方が鮮やか。”Life On Mars"のあの水色のスーツ 現物はもっと微妙な色。 ...あれ照明で飛ばしてるからか?
初期(ごく初期ではなくて)のはウルトラ怪獣みたい。隣にダダが居たっておかしくない。かわいい。
例のユニオンジャックのジャケット(というかコート) 素敵! アレキサンダー・マックイーン... 天才。 写真でも美しいけど、実物はほんとかっこいい。欲しい。いや、まんまアレじゃなくて無地であんな感じのラインで女物が。でも、そうなると別もんか(苦笑) 他にもフロックコート系のものは結構彼が係っていたんですね。かかわった人へのインタビューで彼のインタビューが無いのは惜しいなぁ。
同じく大島渚監督も。「戦場のメリークリスマス」のコーナー 日本Ver.で追加されたと思われるんだけど、昔のインタビューとか無かったのかな?
そいえば”Space Oddity”のコーナーの宇宙からの地球の写真、子供の頃の衝撃を思い出しちゃった。

って、書いてるとまとまらないし、キリないし。

内容なんかは音楽系やらファッション系やらなサイトにいくらでもレポがあると思うので、以下は 私なりのこれから行く人へのメモ でいきます。

寺田倉庫、モノレールの天王洲アイル駅から出る口を間違えなければすぐです。左手側から出ましょう。
私? ちゃっかり逆方向(右手側)に出た。海が近いと呼ばれる(笑) でも、天王洲っぽい風景が見られたからいいの。想定内だし。

グレーのスロープをあがって、入り口入ると正面にエレベーター。
会場は5階ですが、まっすぐ行かずまずトイレに行きましょう。5階には無いようですし、このイベント再入場不可だそうです。トイレは左手すぐのちょっと奥有ります。
#当日券は左手すぐ。グッズ付きチケットのグッズ引き換えの隣(同じテーブル)
ちなみに右手はカフェスペース。その奥がグッズ売り場です。

5階まで上がると
P_20170112_142718w600
そそ、エレベーター降りた正面にほんのちょっとだけロッカーありました!

この奥が入り口。
昔の携帯みたいな個人用プレイヤー+ヘッドフォンを受け取って入場。
展示に応じて音楽やインタビューなんかが聞こえてきます。
これモニターが何台か並んでてビデオクリップを流しているエリアでちょっと混乱してたけど、他はほぼOKだったと思う。友達と行ってもお一人様仕様になっちゃうかな?という気はするけど、入り込む(とか体験するとか)っていう感じはいい。個人的には周りの人の会話が気にならない(というか、会話している人が少ない)のはすごく嬉しい。
会場内は撮影禁止。

展示 上にも書いたけど、ボリュームあります。ペース配分を考えましょう。時間に限りがあったら1回ざーっと見てじっくり見たい所に戻ってもいいんじゃないか?って思う。見た事がある映像は飛ばすとか。ビデオクリップならYouTubeでも見られるし。

そんな感じかな?
あと、ヘッドフォン返した後にも衣装とか写真とかちょろっとある。

そだ、会期中にお誕生日がくる人は是非その日に行きましょう。
LONDONみたいに会期延長してくれないかな~ 10日延びれば誕生日くるぞ>私

おまけ
1Fのカフェスペースで飲み物買うと展覧会のメインイメージ(稲妻ペイントのボウイさん)のコースター貰えます。
グッズの入荷状況はツイッターで確認してください とのこと。2週間単位のTシャツ 今の分売り切れでした。V&Aであった(らしい)着せ替えブックとか見当たらなかったんだけどもともと無いのかな?
え゛! 当日のチケットとりんかい線の駅にあるポスターの写真とで特典(ステッカー)があるって?! 知らなかったよ...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Ryan Adams @新木場STUDIO COAST (2016/12/09)

行ってきました。
SetlistはもうSetlist.fmにあがってますね。思った通り早いわ~
#http://www.setlist.fm/setlist/ryan-adams/2016/shinkiba-studio-coast-tokyo-japan-3bfbd44c.html

しょっぱながごく最近正式に公開になった”Do You Still Love Me?”
その他にも何曲か新曲が混ぜ込まれたセット。単独で来たのは初めてなんだから、もうちょい昔の曲もやって欲しかったというのも本心。でも、これはこれで有り。
というか、良かった!
The Cardinals時代の曲もやってくれたのも嬉しかった。 けど、Neal CasalさんのGがなーんか頭の中にちらつくし(苦笑)
そいえばコーラスはほぼKeyのお兄さん(この人もいい声)がとってました。Gの人の前にもマイクたってたけど、あまり歌ってはいなかったような?
バンドはほんとしっかりライアンをバックアップしている感じ。

で、ライアンですが
文句ないっす。
歌 うまくなってないかい?(ただ、比較対象が'05のフジなのはダメだと思う)
声は良くなってる と思う。やわらかくっていい声。マイクからきっちりはなれて歌うのは意外だったけど。(MCになるとマイクに近づく)
それと、やっぱりG弾きたい人なんだよなぁ と再確認。
着ていたTシャツはミスフィッツのかな? 羽織ってたGジャンの背中にもシルバーのでっかいスカル+バンドロゴみたいなのがついてたみたいだけど、何だかは判らずでした。
この人、この辺はぶれないね。

照明もきれいでした。
ブルー系の色を使ってるのが多かったせいか、”Wonderwall”での赤がすごく印象的で。
ただ、もうちょっとバンドにも明かりを~! っと。

まぁ、こんな感じで。
今年のライブ納めがこれというのは幸せだ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

FEEDER インストア @TOWER渋谷 (2016/11/04)

※とりあえずメモ

アコースティックライブ+サイン会
タワレコ渋谷/新宿で新譜"all bright electric"の購入者に先着で参加券が配布されていたイベントです。
サイン会は↑の参加券が無いとダメですが、ライブの方は誰でもOKだったので半ば無理やりに用事を作って行ってみました。(発売1週間後くらいに買ったら参加券終了してた>新宿)
#イベント当日に購入でも参加できた模様>サイン会。

2人で出てくるのか? と思っていたら、助っ人345さん(Muddy Apesで叩いてる)付き。
345さんとは当日リハをしたとのこと。
ただ、ステージが低いのと着席での演奏だったのでほとんど見えず。タカさん、345さんは登場/退出時に見えただけ、グラントがちょっと見えたのもラッキー!って感じ。
やったのは↓の3曲。"Oh Mary"は生でやるのは初めてとのこと。

01. Paperweight
02. Eskimo
03. Oh Mary

TOWER RECORDS 渋谷 6F イベントスペース (20:00~)
Grant Nicholas (G/Vo)
Taka Hirose (B)
345 (Dr) <-サポート

当日の写真(ライブ部分じゃないけど)はFEEDERのFacebookにアップされてますね。(https://scontent.xx.fbcdn.net/v/t1.0-9/14915364_10154232759529983_5663795315764232700_n.jpg?oh=56c3a95b772b5877955da8bf3caa0565&oe=589967C1)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ぞうのネリー

Steiffからのメールに「ネリー エレファント」というものが載っていて、そいえばTOY DOLLSに”ネリーさんだ象”って曲あったなぁ... 花子さんじゃないけどヨーロッパでは有名な象なのかしら? と検索。

え゛!?
あの曲ってカバーなの?
オリジナルは1950年代の発表で、アニメにもなってるんだそうで。
そうなるとTDのあのクリップの体操みたいなところも何かそれにからんだネタがあるんじゃないか?って気もしてきますが、これが続くと無限検索の渦に飲み込まれるのでパス!(笑)

それと、ホーデンハーゲン(ドイツ)のセレンゲティ公園にサッカーの予想をするネリーさんという象が居るというのも出てきた。
こっちだな>シュタイフのネリーさん
http://shop.shinchitose-entame.jp/shop/item_detail?category_id=482782&item_id=2099158
(シュタイフなので -というか材料が高いんだけど- お高いです)

<補足>
"ネリーさんだ象"のネリーは Nellie でシュタイフのネリーは Nelly でした。予想屋さんの名前はNellyみたいなのでこっちでOKっぽいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Elvis Costello @人見記念講堂 (2016/09/06)

明日行く方がこれを見るかどうかは判らないけど

今日は寒かった。
客層が年齢層高めのサラリーマンっぽい人が多いせいか冷房きつめ。立って躍ってればそうでもないんだろうけど、基本着席だったので気になった。無駄になったとしても羽織るものを持っていった方がいいと思います。

マーチャンのTシャツに某曲("Less Than Zero")のタイトルがプリントされたものがあったので”わーい!”と思っていたのですが... やらないし(;_;)
あの曲もその曲もやらないし(T_T)
まぁ、アレを聴けたからいいけど。でも、明日アレをやったら泣く。
ひょっとして客入れの時にPV流してたのはやらないのか? <-"Pump It Up"のクリップ流れてた!
マーチャン買う人は開演前に買っちゃいましょう。帰りに見たら売り切れ多数でした。

18:30から前座有り
Larkin Poeっていう姉妹バンド(ユニット?) かっこいいっす!
ディープサウス、ジョージア出身って言ってた、お姉ちゃん(前髪ぱっつんなプラチナブロンド)がスライドギターで妹ちゃん(暗めのブロンド)がGとVoとバスドラもやってたかな? 時間が合うなら見ておいて損は無い と私は思います。後で出てきたしね(<-ネタバレごめん!)
コステロさんもチケットに書いてある時間通り(19:20)に出てきた と思う。 仕事してると前座の時間はちょっとキツイと思うけど、この時間には間に合うように。
今日はそこから2時間半くらいやったかな?

そそ、セットかわいいよ~
どーんと真ん中にあるTVがミソ。
#一応撮った写真が公開に耐えうるものだったら、後日追加します。
コステロさんが歌うポジションは主に3箇所。センター、ピアノの所、向かって右手の椅子が置いてあるところ。
今日は某曲で会場(1Fのみ)を練り歩いてました。
近くの通路に来てくれたらラッキー! 持ち物チェックは無かったので、写真撮ろうと思えば撮れます。

そいえば、人見記念講堂って初めて足を踏み入れたんですが音いいね!
久々の席有りライブで前方に障害物だらけで泣きそうでしたが(冗談抜きで) まぁ、コステロさんだと男性が多いのでスタンディングでもポジション取りが難しいからしょうがないけど(苦笑 でも 本心は泣) 前の方もっと傾斜つけて~! 女子大の講堂だからなぁ、大きな体格の差は考慮されてない感じなのが残念。

帰り、三軒茶屋方面はすっごい混んでたので歩道橋渡るのをお勧め。
歩くにしても人口密度が違っていたし、今日降りた所のバス停にちょうど居たバスに乗ったら10分くらいで渋谷に着きました。

今までのパターンを考えると、コステロさん明日(って、もう今日だし ^^;)は多分セットかえてくるんじゃないかと思います。
ひ~、行きたいよぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひゃ~っ!!! Temple of the Dogが

再結成 で、ツアーですって!?
#詳しくは http://amass.jp/75662/ 見て下さいまし。

11月。アメリカで5回。(ちなみにチケット発売は29日から~)
見たい。日本には... 来る訳ないですね(苦笑)
メンバーにエディの名前は無いけど、少なくとも最後のシアトルには参加するんだろうな。

”Temple of the Dog”のアルバム発売25周年の記念エディションも9/30に出るそう。
いろいろ満載の "SUPER DELUXE EDITION" 公式サイトのプレオーダーで$99.99。2CDのが$18.99。中間タイプ(2CD+DVD)出して欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

SQUEEZE @ビルボードライブ東京 (2016/04/26 1st Show)

これも今更ですが
-----

SQUEEZE名義だけどクリスが居ない なんで~?! それならグレンのソロ名義でいーじゃん!と思いつつ行ったビルボードライブ。
1stShowの自由席はやっぱり時間を持て余すな(<-そりゃそうだ。ライブの時間より待ち時間の方が長いんだから)

左側の階段から 客席を練り歩いて ステージへ。
グレンの足元にはやっぱり扇風機有り(笑)

でも、さすがバンド名義でした。
メンバーも達者な人達で(当たり前か、グレンが選んでるんだろうし)安心して聴いてられるのはもちろん、Keyのお兄さんはアコーディオンやピアニカ(?)で、ドラムのお兄さんも小太鼓持って前に出てくるし向かって右の前方にはパーカッションセットがあるし、他にも立ち位置が入れ替わることがあったりで機動性も良し。コーラスも曲によって担当者が違ってたり。(ちなみに低音部分はKeyのお兄さんが担当だった模様)
一人での時よりもグレンがしっかりGソロを入れてくれるのが嬉しかった。(一人の時も弾いてはいるんだけど、ちょっと違う)

曲は最新アルバム”Cradle to the Grave”からのものが多め。タイミング的に”だよね”って感じですが、セットリスト見たら新譜からの曲は1st/2ndでダブり無し?! うわぁ。あの会場でこういう構成にしてくるのか~!
ちゃんと新作聴き込んでいかなくてごめんなさい です。

一旦引っ込んだあとアンコール。
フロアにいる人たちがみんなキョロキョロしてるのがなんかおかしい。よく変なところから出てくるもんね(笑)
アンコールも途中からステージを降りてフロア練り歩き->小走り。最後Keyのお兄さんコケてるし。

あー 楽しかった!
ほんとこれ。

ただ、しょうがないけどビルボードだといい具合なところで終演時間になっちゃう。
グレン一人の時はここで休憩、さぁ第2部! って感じなところでお終い。 なので物足りない。その2部制の時ですら"あれやってなーい!"とか思うのに、それがほぼ半分な訳で(苦笑)
SQUEEZE名義の代表曲(と思う)もモレ多数。1部2部で比べても1部では"Tempted"と"Up the Junction"無し。2部は"Some Fantastic Place"が無かったみたい。個人的には1部にしといて良かったかもしれない。

とはいえ... やっぱり 2nd Showも見たかったな。


--- Memo ---
BAND MEMBERS
Glenn Tilbrook (Vocals, Guitar)
Stephen Large (Keyboards, Background Vocals)
Simon Hanson (Drums, Background Vocals)
Melvin Duffy (Guitar, Background Vocals)
John Bentley (Bass, Background Vocals)

SetList
01. Hourglass
02. Is That Love?
03. Another Nail in My Heart
04. Only 15
05. Beautiful Game
06. Some Fantastic Place
07. The Truth
08. Nirvana
09. Elephant Ride
10. Pulling Muscles (From the Shell)
11. Everything
12. Labelled with Love
13. Slap and Tickle
14. Black Coffee in Bed
15. Goodbye Girl
Encore
16. Take Me I'm Yours
※Setlist.fmより引用 http://www.setlist.fm/setlist/squeeze/2016/billboard-live-tokyo-japan-23f11813.html

ビルボードライブ東京のサイトにこの時のライブレポがあがってますね。写真もある!
キーワードは"Happy!" やっぱり(笑)
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/37379/2


<参考>
2nd Show Setlist (http://www.setlist.fm/setlist/squeeze/2016/billboard-live-tokyo-japan-2bf11812.html)
01. Hourglass
02. If I Didn't Love You
03. Open
04. Cradle to the Grave
05. Harper Valley PTA (Cover)
06. Tempted
07. Pulling Muscles (From the Shell)
08. Up the Junction
09. Snap Crackle and Pop
10. Is That Love?
11. Another Nail in My Heart
12. Happy Days
13. Slap and Tickl
14. Black Coffee in Bed
15. Goodbye Girl
Encore
16. Take Me I'm Yours

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Tame Impala @ZEPP東京 (2016/04/25)

今更ですが、いちおうアップ。本人用のメモですね。

...やっぱサイケ だと思う
Voのお兄ちゃん(ケヴィン・パーカー) タイダイのTシャツだったみたいだし。"サイケなら裸足よね"と思ったら... ほんとに裸足だった!(^o^;)
タイダイが原色系じゃなくてパステルっぽかった(かわいい)のや、それにスリムなパンツ合わせてるあたりが「今」なんだろうな。

しか~し、あのライブのこなれ感は予想外。
照明もバックの映像も出物(キラキラテープどっかん!)もちゃんとデザインされたものっぽく。ミラーボールだって使っちゃうし。ライブ前のセッティングに出てきたお兄さんたちは白衣着用だし。
"ある程度以上の会場できっちりとライブを重ねてます"ってーのがひしひしと伝わってくる のに、ケヴィンさんの"やーっと日本で(単独の)ライブが出来た~"って嬉しそうにしてるのも本気っぽくて、そのアンバランスさが面白かった。
でも、ここまでこなれる前の段階のライブも見たかった というのも本心。

ところで、終演後の人の流れが悪すぎ。Zeppってあんなんだったっけ?
終演後会場を出るのに一苦労。ロッカーで荷物出して、階段に行くのも大渋滞。
会場内はそこまで混んでいた印象では無かったので頭の中で?飛びまくりでした。結構前の方に居たのにアンコールで突っ込んできた人が居た以外一切押されたりしなかったけど、私が居た場所がたまたま空いてただけだったのかしら? 


--- Memo ---
'09サマソニ, '13FRF で3回目の来日。単独としては初。


Kevin Parker(Vo./Gt.)、
Dominic Simper(Gt. & Synth)、
Jay Watson(synth)、
Cam Avery(Ba.)、
Julien Barbagallo(Ds.)


Setlist.fm(http://www.setlist.fm/setlist/tame-impala/2016/zepp-tokyo-tokyo-japan-3bf13400.html)から引用

01. Intro
02.Let It Happen
03.Mind Mischief
04. Why Won't They Talk to Me?
05. It Is Not Meant to Be
06. The Moment
07. Elephant
08. Yes I'm Changing
09. The Less I Know the Better
10. Eventually
11. Alter Ego
12. Oscilly
13. Why Won't You Make Up Your Mind?
14. Apocalypse Dreams

Encore:
15. Feels Like We Only Go Backwards
16. New Person, Same Old Mistakes


<おまけ>
RO69のライブレポで当日の写真が見られます
http://ro69.jp/live/detail/142198

| | コメント (0) | トラックバック (0)

へー

Joe Jacksonの去年(2015)出たアルバム”FAST FOWARD”が届いたので何となーく流し始めたんですが、”See No Evil”(Televisionのカバー)やってる!
このアルバム、4つの街で録音した4枚のE.P.ってコンセプトらしい。で、そのNY編の1曲。
#他の街のもちなんだカバーが有るのかと思ったけど、カバー曲は他に1曲のみ。
曲名見てあれ~?とは思ったけど、まさか でした。
ただ、オリジナルになじみがありすぎる(し、最近ライブで聴いてる)のでみょ~な感じがする(苦笑) そんなに原曲からは離れてないと思うけど。

まだ半分くらいしか聞いてませんが、なかなかいいかも です>このアルバム
でも、この構成だとCDよりLPで聴いた方が趣きがあるだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

また4月だ

今度はスクイーズ
ビルボードライブ東京 2016/4/26(火) だそうです
http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=9907&shop=1

チケット予約は3/2から(メンバーは2/24から)
グレン・ティルブルックが結構ソロで来てるのでそんなに間が空いてる気はしないのだけど、Squeeze名義ではすっごい久しぶりだよね?
彼らだったら2ndの方に行きたいところですが、21:30~ってハードル高いなぁ。
#あそこだから長くても1時間半程度だろうから大丈夫っちゃー大丈夫そうだけど。

4月の予定、チケット確保済みのもの悩んでるもの問わずちゃんと良く見るカレンダーにメモしないと訳判らなくなりそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧